太ももの測り方って?

体の気になるところではあるのに、

なかなか自分の太もものサイズって知らないですよね。

ある日、自分の太ももって何センチで、どのくらいの太さなのかなんて思ったときに、

いままでの人生の中で何回ぐらい測ったことがあるかなと考えたときに、

もしかしたら、1~2回ぐらいしか測ったことがないかと思った事、ありませんか?

普通の人は、太もものサイズはいくつなんて聞かれても、

たいはんの人が答えられないのではないでしょうか?

ふつうは?知らないですよね。

太ももの測り方

で、太ももの測り方にも、ちゃんとした測り方ってあるのでしょうか?

もちろん、太もものきちんとした測り方はありますよ!

ダイエットをする上で一番重要とされるのは、

「モチベーションをキープすること」ですよね。

そのモチベーションを支援してくれるのが、「データ」なのです。

体重が●●キロ減量できた、サイズが●●センチダウンしたなどといった結果が確証が得られると、

モチベーションをキープすることができるのです。

そのおかげで、データは確実に取得したほうがダイエットがうまく行きやすくなると言われています。

お待たせしました、ではさっそく、太ももはどのような方法で計測するのが正しい測り方なのでしょうか。

太ももは立った状態で、いちばん太いももの部分を計測するのです。

ボディーのサイズというものは、太ももに限ったことではありませんが、

現実問題として自分自身で計測することは極力やめて、

他の方に測ってもらったほうがきちんとした正確の数字を知ることができます。

どうしてかって言えば、自分自身で計測すると違う数字をひろってしまうということがよくあるみたいです。

そのようなことが理由です。

太もも遺体の場所も

太ももに限ったことではないですが、ウエストや胸囲の場合と同じように、

太ももの場合にも床と水平になるように計測するのがコツなんですけれども、

どうしても自分自身で計測するとカラダのうしろが下がりやすくなっちゃうことが多いので、

ちゃんと計測することができないのです。

ある部分に、つい強めにメジャーを締めたりして、

サバをよむ傾向も見受けられたりと・・・。

ですから、太ももはご家庭やなかのよいベストフレンドに測ってもらうのがベストだと思いますが、

それが簡単におこなえないのであれば、できるなら毎回毎回同じ測り方をノートに測った方法を残していき、

同じ測り方をやってみるようにするといいでしょう。


スポンサーリンク