ふくらはぎ痩せに効果のある、ボトックス注射って何?その効果は?

この何年かで、ヒアルロン酸注入と同時に人気を出している美容整形の一つとされる施術方法にボトックス注射があります。

・ボトックス注射とは?

ボトックス注射と呼ばれているのは、
アメリカで認証されている医薬品で、
A型ボツリヌス菌を使用したものになります。

・ボツリヌス菌とは?

ボツリヌス菌とは、ボツリヌス菌と言われている菌から出ている、
神経毒素を利用して筋肉を緩めることで、
シワや筋肉の老化現象に効果が見られるものです。

毒素といいますと有害物質やなんと言うか体に悪影響を及ぼしそうですが、
全くカラダに悪影響を与えるみたいなものでは決してありません。

信用できるボトックスであるのならアレルギーも起す心配はないかと思われます。

ボツリヌス菌は、15年ぐらい前から臨床実験を積み上げているので、
安全性に問題があるというこはないといえるでしょう。

しかしながら、信頼性のある高いボツリヌス菌を使用しているのかいないのかは、選ぶ基礎として考えられます。

際立って安全性が高いレベルに使用されているのは、
アメリカのアレガン社が作り上げているボトックスだと言えます。

「アメリカのアレガン社のボトックスを使っています」
と記載してあるところもあるので、
そういったクリニックは信頼のおけるクリニックではないでしょうか。

実際にボトックス注射をするときは細い針で注射することになります。

そうすることでそのすぐ近くの筋肉が感覚がなくなり麻痺していくので、
ふくらはぎのほかにも顔のしわをとるのによく使われる施術方法なのです。

ボトックス注射は、ボトックス注射をした周辺にだけ効き目があるので、
それ以外の所には影響しないので仮にふくらはぎにボトックス注射をしても、何もしないで歩いて帰ることができてしまいます。


スポンサーリンク

女性の人に多いのですが、ダイエットをしたいんだけど、
ダイエットってなかなか簡単にはやせられないわ~~~。

なんて会話をよく聞いたことがあるかと思うのですが?

女性の気になる箇所

ダイエットをしたいという女性の大半が太っていて気になる箇所といえば、
ほとんどの場合、下半身って知っていましたか?

と言ったとしても下半身は脂肪をストックしやすいからこそ、
そんな簡単には痩せる事なんか できないですよね。

そうならないように、いま注目されているのが「ボトックス注射」なのです。

あり得ないことかもしれませんが、
ふくらはぎにボトックス注射を行うだけで、
ふくらはぎがほっそりとしてきます。

ボトックス注射を打つと何故細くなる?

なぜ、ふくらはぎがほっそりとなるのか?

これは前記しましたが、
ボトックス注射の成分が筋肉に作用して筋肉を麻痺させることから、
筋肉が落ちてくるからというわけです。

効果があらわれるのは個人によって話は違いますが、
平均的にはほぼほぼ施術後の2週間ぐらいで時間を掛けてほっそりとなっていくのが実感できるようです。

いくらなんでも、いきなりほっそりと細くなるわけではなく、
時間を掛けてほっそりと細くなっていくのが持ち味だと言えます。

ボトックス注射のメリットは、
メスを使わないで簡単に受けやすい美容整形術のひとつなのですが・・・。

ボトックス注射を打つことのデメリット

手軽であると同時にデメリットとして効果のほどが永久的ではないのです。

なに???
と思う人もいらっしゃると思われますが、
ですから、デメリットとして話せば、
ボトックスの注射をおこなったひとで、
早いひとになると4~5ヶ月、 平均すると半年くらいでボトックス注射の効果が無くなってきてしまいます。

すると、また少しずつ筋肉がついてきてしまうので、
ボトックスの効果をキープ したいと思うならば、
ボトックスの注射の効果が切れる前に、
再度ボトックス注射をしにいく
ことが大事ではないでしょうか。

ボトックスの注射に効果が切れる前に、
といっても通常はボトックス注射後3ヶ月は間を開けた方がいいでしょう。

ごくまれですがボトックス注射の成分に抗体ができてしまって効果が続かない、という人もいるということなので慌てずに効果があるか見極めましょう。

そのような場合には、担当の医師と相談したほうがいいですね。

いくら ボトックスの注射をしても無駄に終わることだけがもったいないですからね。


スポンサーリンク