ふくらはぎボトックスと脂肪吸引による脚痩せ、ボトックス注射を受けられない人とは?

女性人たちは、「ふくらはぎ」がどうしても太いという事が、
気になっている人たちは、たくさんいるのではないでしょうか?

ふくらはぎを細くするためには、いろいろなダイエット方法があるのですが、
下半身のダイエットというものは、そう簡単には思った通りに行かない事が本当のところなのではないでしょうか。

それを避けるために、ふくらはぎの脂肪吸引かボトックスという方法があるということを、あなたは聞いたことありますか?

ふくらはぎの脂肪吸引 VS ふくらはぎのボトックス

どちらも気になってしまいますよね?

どちらの方もふくらはぎを細くしてしまう方法のひとつなのですが、
実際のところはふくらはぎが太い要因に合わせてふたつにひとつが適している方法になります。

これについてどういった意味なのかと言いますと!

ふくらはぎの脂肪吸引 VS ふくらはぎのボトックスについて、説明していきますね。

脂肪吸引

それでは、まずふくらはぎの「脂肪吸引」の方法ですが!
これは、ふくらはぎの脂肪が多い場合にとても有効な方法なのです。

ふくらはぎが太いのは、筋肉というより、
脂肪が撞いてしまっている人は「脂肪吸引」でふくらはぎが細くなるのです。

ボトックス

その一方で、ふくらはぎの「ボトックス」のほうは、
もうすでにふくらはぎに筋肉がついてしまっている、
ふくらはぎの太い人に向いている方法なのです。

「ボトックス」はボツリヌス菌が筋肉の収縮をつかさどる神経伝達物質の分泌をストップさせて筋肉がなくなるようにしていきます。

なので、ふくらはぎについている筋肉が落ちていって自然にほっそりとしていくというわけです。

といってもすべての筋肉がなくなるというわけではなく、
過度についた筋肉を落とすわけで、 量も調節するのですから、
歩けなくなるのではないかという心配はいりません。

ふくらはぎの「脂肪吸引」は、脂肪吸引後にふくらはぎがすぐに細さを実感できますが、 ふくらはぎの「ボトックス」の場合は、徐々に効果がでてくるので、ふくらはぎ少しづつほっそりとしていきます。

また、術後の回復のスピードですが、
だんとつでボトックスのほうが早いです。

それは、メスを使わないで、施術の跡もいっさい残らないためなのです。

ボトックスの方が、安全性が高くふくらはぎを細くする方法といえますね。


スポンサーリンク

ふくらはぎボトックス注射を受けられない人

ふくらはぎのダイエットをいろんな方法で試してみたものの、
これがなかなか思った通りやせなくて、
ダイエットに挫折した人にむけてふくらはぎのボトックス注射なら簡単にできるふくらはぎのダイエット方法としてありますけれど・・・

ふくらはぎのボトックスを施術出来ない人はこういう人

本当のことを言うと、なかなか痩せにくいふくらはぎを、
ほっそりとさせるのにとても効果的なボトックス注射なのですが、
残念ながらボトックス注射を受けられない人もいるのです。

ボトックス注射を受けられない人というのは、
たとえば、女性の場合でいえば、妊娠中の人、
もしくは妊娠している可能性のある人
などもそうです。

それから、いま授乳中の人はボトックス注射を受ける事ができない場合がほとんどです。

確かに冷静に考えれば、授乳中ということは赤ちゃんにも影響があるかもしれませんよね。

また、できればボトックス注射をした後には、
半年ぐらいは妊娠を避けたほうがいいとされています。

何故?ボトックスを注射できないのでしょうか?

何故出来ないのかというと、ボトックスの注射というのは、
局所麻酔をおこなう可能性があるからなのです。

その他にも、何か不安な症状がある場合には、
安定してからボトックス注射を行うようにすすめているクリニックなどもありますが・・・。

例えば、慢性の持病(呼吸器障害)などを患っている人や、
心臓や血管系の疾患のある人、
神経系の疾患がある人、
そして高齢者の人達
などです。

このような人達は、ボトックス注射が絶対にできないというわけではありませんが、体調が悪いのにあえて無理をしてはいけないという事です。

もしも、ボトックスの注射を行いたいのであれば、
主治医や美容外科医としっかりと相談してから、
ボトックス注射をするかどうかきめればいいと思います。

やはり、最初から大量のボトックスの注射を行うこなうのではなく、
少しづつ自分の体調の様子を見ながら、
少量のボトックス注射から始めて行く方がいい場合もあります。

ボトックスの商標登録をしているアメリカのアラガン社では、
美容を目的としたボトックス注射の対象年齢を
18才~65才としているようです。

対象年齢は、あくまでも目安ですが、
このようにうたっているという事は、
これにしたがったほうがいいかと思われます。

あくまでも、ボトックスの注射は任意ですので、
施術されたい方は十分医師と相談してからにしてください。


スポンサーリンク