ふくらはぎボトックスの抗体と再度の注入

効果をキープするには?

「ボトックス」というのは、どの部位におこなううえでも持続的なものではないのです。

ですから、ふくらはぎにボトックス注射をして、それをキープしようと思ったら、断続的に繰りかえすことが必要不可欠であるのです。

どうしてかといえば、脂肪吸引などのように筋肉をそぎとってしまうのではなく、筋肉を麻痺させるように神経伝達部分と離してしまうのがボトックスのベネフィットだからなのです。

また、切断された神経伝達回路というものは、ふたたび復活していき自然と結合していってしまうのです。

そうなると、筋肉に伝達するようになり、筋肉がついてくるカラダになっていってしまうからなのです。

これには、3ヶ月から半年ぐらいかかると一般的にいわれているので、
ふくらはぎを細くする効果を持続させたいならば、また3ヶ月から半年後に
ボトックス注入を行わなければならないのです。

適切なボトックス注入をおこなうことで、あなたのふくらはぎの細さがキープできるというわけです。

でも、3ヶ月から半年後というのは、一般的な平均値であって、じっさいには、この効果の持続期間にはかなりの個人差がありますので、施術を担当した医師と相談してから、おこなうようにしてください。

医師と相談したあとに、ボトックス注入をいつおこなうかは、その時々に決めてください。

抗体

ボトックスの注意点として、気を付けなければいけないことが、このボトックスの注入を長期間にわたって繰り返していけば、やはり最初におこなったボトックスの効果以前より効果が感じられないということが生じてきます。

これは、カラダに抗体ができてしまっているためで、この抗体はボトックス注入の時期が早すぎた場合にも起こりやすい現象だったりするということです。

ですので、この抗体を作らないために欠かさずにおこなうことは、ボトックスの効果が切れる前に早すぎる注入を繰り返すのは絶対に避けなければならないのです。

ぜったいに、早すぎるボトックスの注入はおこなわないでください!

また、ボトックスの量も適量にしなくてはいけません。

ふくらはぎを細くするためには、やっぱり信頼できる病院と信頼できる医師をしっかりと選んで、なにか問題があった場合に、なんでも相談に乗ってくれるところがいいですね。

そうなれば、安心してボトックスを注入できますからね。


スポンサーリンク