ふくらはぎボトックスの料金と再注入時の注意点について

ボトックス料金

ふくらはぎを細くスリムに見せる方法として、
ふくらはぎのボトックスなどの説明をおこなってきました。

でも、肝心のふくらはぎのボトックスのお金はいくらぐらいかかるのでしょうか?

いろいろな美容外科のホームページなどをみてみると、
ボトックス注射の料金の目安がなんとなくわかります。

それも、カラダの部位によって、料金は異なってくるのです。

ボトックス注射というのは、ある意味万能で、
ボトックス注入は、ふくらはぎだけではないのです。

あなたの顔にも体にもできる注射なのです。

もちろん、顔の眉の間だったり、
目尻や額などにもボトックスの注射は可能です。

顔の眉の間だったり、目尻や額などの料金ですが、
20,000~60,000円前後が相場となります。

その他の部位ですが、エラや両脇、手のひらや足の裏などにもボトックスの注射は可能です。

エラや両脇、手のひらや足の裏などの料金ですが、
30,000~140,000円ぐらいと、
ボトックス注射をおこなう場所によってかなりの料金設定に幅があるので、
よく調べてからおこなうようにしてください。

また、ふくらはぎのボトックス注射の料金ですが、
こちらは、160、000円ぐらいの料金がかかってしまうようです。

美容形成外科によって料金設定は実に色々な料金の幅があるので、
片足50,000円ぐらいの安いところから、
200,000円もかかるクリニックもあったりと、
正直いってさまざまです。

どこのクリニックで施術をするかというのはなかなか難しいのですが、
料金が安ければいいというわけでもないのですよ。

逆に料金が高ければ安心できるかという事もありません。

やはり、施術を受けるさいは、ネットで口コミやその病院の評判などをみてみてあなたが自分で選ぶしかないです。

保険適用?

全国共通で、保険が適応される治療とされない治療があります。

病院によって保険が適応されるかされないかではないので注意してください。

ただし、美容関係の病院では保険診療を取り扱っていないところのほうが多いようです。

どこのクリニックでもネットや電話で予約を受けてから、
まずは、診察などの問診があります。

そこで料金をしっかり提示してもらって、
自分の理想のボトックス注射が受けられて、
ふくらはぎがほっそりなるのかきちんと理解してからボトックス注射を受けましょう。


スポンサーリンク

ふくらはぎボトックスの抗体と再注入について

効果をキープするには?

「ボトックス」というのは、どの部位に行ううえでも一度施術すれば効果が持続的というものではないのです。

ですから、ふくらはぎにボトックス注射をして、
それをキープしようと思ったら、
断続的に繰りかえすことが必要不可欠であるのです。

どうしてかといえば、脂肪吸引などのように筋肉をそぎとってしまうのではなく、筋肉を麻痺させるように神経伝達部分と離してしまうのがボトックスの効果だからなのです。

また、切断された神経伝達回路というものは、
再び復活していき自然と結合していってしまうのです。

そうなると、筋肉に伝達するようになり、
筋肉がついてくるカラダになっていってしまうからなのです。

これには、3ヶ月から半年ぐらいかかると一般的にいわれているので、
ふくらはぎを細くする効果を持続させたいならば、
また3ヶ月から半年後にボトックス注入を行わなければならないのです。

適切なボトックス注入をおこなうことで、
あなたのふくらはぎの細さがキープできるというわけです。

でも、3ヶ月から半年後というのは、一般的な平均値であって、
実際には、この効果の持続期間にはかなりの個人差がありますので、
施術を担当した医師と相談してから、おこなうようにしてください。

医師と相談したあとに、ボトックス注入をいつ行うかは、
その時々に決めて下さい。

ボトックス注射の抗体

ボトックスの注意点として、気を付けなければいけないことが、
このボトックスの注入を長期間にわたって繰り返していけば、
やはり最初に行ったボトックスの効果以前より、
効果が感じられないという事が生じてきます。

これは、カラダに抗体ができてしまっているためで、
この抗体はボトックス注入の時期が早すぎた場合にも起こりやすい現象だったりするという事です。

ですので、この抗体を作らないために欠かさずに行う事は、
ボトックスの効果が切れる前に早すぎる注入を繰り返すのは絶対に避けなければならないのです。

ぜったいに、早すぎるボトックスの注入はおこなわないでください!

また、ボトックスの量も適量にしなくてはいけません。

ふくらはぎを細くするためには、
やっぱり信頼できる病院と信頼できる医師をしっかりと選んで、
何か問題があった場合に、なんでも相談に乗ってくれるところがいいですね。

そうなれば、安心してボトックスを注入できませんからね。


スポンサーリンク