ファスティング(断食)ダイエットの注意点と安全に行う方法!

ファスティングダイエット(断食ダイエット)を成功させるためには、
いったいどのようなことに注意をしてファスティングダイエット(断食ダイエット)をおこなっていけば良いのでしょうか?

ファスティングダイエットの注意点

ファスティングダイエットの注意点には、大まかに分けると4つほどあります。

① 決して無理をしない(つらいと思ったら終了)
② 健康状態がいいときに行う
③ 激しい運動をやらない
④ ダイエット後の暴飲暴食(ビッフェなど)に注意する

① 決して無理をしない(つらいと思ったら終了)

ファスティングダイエットを行う時に一番気を付けなければいけない事は、
絶対に無理な断食ダイエットをしないということです。

ファスティングダイエット中に頭痛を感じたり、
体調が優れなくなった場合は、
そのまま続けてしまうと非常に危険なので、
そのような場合は、すぐにダイエットを中止してください。

痩せたい気持ちは分かりますが、
ここで無理をすると体に悪影響しかありません。

② 健康状態がいいときに行う

また、ファスティングダイエットは、
必ず健康な状態の時に行うようにしましょう。

風邪を引いている時や疲れている時に行うと長続きしませんし、
そればかりか健康状態を悪化させてしまいます。

③ 激しい運動をやらない

それに、ファスティングダイエット中は、
ただでさえエネルギー不足気味なのに、
そんななかで激しい運動は控えるようにしてください。

これも、運動をおこなっていて、
途中で倒れてしまうこともあります。

とくに、夏場の暑いときなどは、
本当に危険ですのでやまてくださいね。

通常の生活では問題ありませんが、
激しい運動をすることによって倒れてしまう可能性があるので、
くれぐれも注意が必要です。

④ ダイエット後の暴飲暴食(ビッフェなど)に注意する

そして、ファスティングダイエット後はダイエット中のストレスから解放され、
いつにもなく暴飲暴食(ビッフェなど)をしてしまう危険性があります。

しかしながら、暴飲暴食してしまうことになればいままで頑張ってきたファスティングダイエットをした意味がなくなりますし、
胃腸に負担をかけてしまい、体調を崩しやすくなってしまうでしょう。

そればかりか、いままでの努力が水のあわとなってしまいます。

もったいないと思いませんか?

絶対に無理をしない、断食終了後に食べ過ぎない、
この2点に注意して行いましょう!


スポンサーリンク

断食ダイエットと期間の目やす

断食ダイエットの食事を抜くにもいろいろなパターンがあって、
実際には、あなたにあった方法でおこなうことが望ましいです。

断食ダイエットのめやすとして、
最初からなにも食べないというのは、
かなりの負担と苦痛でしかないと思われます。

そのために、断食ダイエットに失敗するひとがあとを絶ちません。

なので、断食ダイエットをうまく成功させる秘訣というべき王道なパターンがありますので、是非なれるまでは、それで試してみてください

断食ダイエット初日 ⇒ 半日断食(1日1食か2食におさえる)
断食ダイエットになれてきたら ⇒(1日なにもたべない)

それぞれの断食の定義や実際の方法はレクチャーする人や施設によって異なります。

復食期及び断食ダイエット後どういった食事をするのかというのがその中でも大事だと考えます。

復食気に、暴飲暴食や反動からついつい食べ過ぎてしまったり、
もの凄い勢いで元の食事に戻すことが原因で、
リバウンドが起こるケースがあります。

気を付けてほしいのはダイエット後の反動から食べ過ぎてしまうことで、
最も注意したいのは、
ダイエット前よりも体重が増えてしまう事なのです。

ですから、自宅で断食ダイエットをスタートさせる場合は、
半日断食か1日の断食にとどめるようにすると良いいでしょう。

健康上の問題

健康上に問題が生じる場合がまれにあります。

やはり、断食ダイエットに対しての知識の無い状態での長い期間の断食にはあるとのことです。

自宅で断食ダイエットを行う場合は、
外食はもちろん激しい運動などは避け
健康状態の良い時に自宅で作る食事で行うようにします。

アルコール

たまに、こんな事を言う人もいます。

何もたべていないから、
アルコールだけはいいでしょうという人がいますが、
アルコールはカロリーが高いので、
断食ダイエットをおこなっている最中は、アルコールもやめてください。

水分補給

半日断食といって半日だけ食事を断つものはそれほど困難なものではないのですが、十分に摂取するようにしたいのは水分です。

こまな水分摂取はデトックス効果もありますし、
空腹をまぎらわすことが可能です。

便秘にダイエット中になるのは良くないので、
水分摂取を1日2リットルを目安にするのがおすすめです。

不安のある人は担当医に相談すること、
ストレスが溜まってしまうような断食であれば行わない、
という判断も重要です。

関連記事
ファスティング(断食)ダイエットのやり方って?どんな人に向いているの?


スポンサーリンク