ファスティング(断食)ダイエットの復食の取り方って?

ファスティングダイエット(断食ダイエット)後に、
すぐにいつも通りの食事に戻してしまうと、
リバウンドしたり健康管理の体調を崩してしまう危険性があります。

復食

そのため、徐々にいつも通りの食事に戻していく必要があります。

このファスティングダイエット(断食ダイエット)後の食事のことを
「復食」といいます。

「復食」とは、どういうことなのでしょうか?

復食のポイント

復食のポイントは、以下の3つです。

① ファスティングダイエット(断食ダイエット)期間と同じ期間の回復期をとる
② 消化の良い食べ物を口にする
③ 食事量は少量からスタートする


簡単に説明させていただきますと、
復食のポイントは3つだけです。

全然難しくないので、
すぐに理解できると思います。

① ファスティングダイエット(断食ダイエット)期間と同じ期間の回復期をとる

ファスティングダイエット期間と同じ期間の回復期をとることです。

ファスティングダイエットをかりに3日間続けたのであれば、

同じ日数で3日間回復期をとるようにしてください。

ファスティングダイエットを1週間おこなったら、

同じ日数で1週間の回復期をとるようにしてください。

その間は、いつも通りの食事を控えてください。

おすすめの、ファスティングダイエットは、3日ぐらいがおすすめです。

いちばん無理がない日数で、おこなうことがいいですよ。

いきなり、1週間やろうとしても、失敗することがほとんどですので、

まずは3日からおこなってみてください。

3日間が成功できたら、つぎは1週間にチャレンジしてみてはいかかでしょうか?

② 消化の良い食べ物を口にする(回復期)

そして、回復期はおかゆやスープといった消化の良い食べ物を口にするようにしましょう。

いきなり、固形物を食べてしまうことだけはさけるようにしてください。


固形物を摂取してしまうと、胃に負担をかけてしまいおなかを下してしまうだけでなく、

胃が痙攣したり、胃が痛くなってしまうこともありえますので、注意してください。

③ 食事量は少量からスタートする

また、以前と同じ食事のボリュームを急にとってしまうと胃がびっくりしてしまい、体調を崩すことも考えられます。

食事の量は、少量からゆっくりと初めていき、

少しずつ食事の量を増やしていくようにしていけばいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク