断食ダイエット(ファスティング)を安全に行う方法!

ダイエットには、究極な方法として、
断食ダイエットがありますよね。

断食ダイエットの食事を抜くにもいろいろなパターンがあって、
じっさいには、あなたにあった方法でおこなうことが望ましいです。

断食ダイエットと期間の目やす

断食ダイエットのめやすとして、
最初からなにも食べないというのは、
かなりの負担と苦痛でしかないと思われます。

そのために、断食ダイエットに失敗するひとがあとを絶ちません。

なので、断食ダイエットをうまく成功させる秘訣というべき王道なパターンがありますので、
ぜひなれるまでは、それで試してみてください。

断食ダイエット初日 ⇒ 半日断食(1日1食か2食におさえる)
断食ダイエットになれてきたら ⇒(1日なにもたべない)


それぞれの断食の定義や実際の方法はレクチャーする人や施設によって異なります。

断食ダイエットは、3つの大まかな、減食期、断食期、復食期の期間に分けて断食ダイエットのプランは考えられていると言われています。

復食期及び断食ダイエット後どういった食事をするのかというのがその中でも大事だと考えます。

そのときに、暴飲暴食や反動からついつい食べ過ぎてしまったり、
もの凄い勢いで元の食事に空腹の反動で戻すことが原因で、
リバウンドが起こるケースがあります。

このように、反動から食べてしまうことで、
いちばん注意したいのは、
ダイエット前よりも体重が増えてしまうことなのです。

ですから、自宅で断食ダイエットをスタートさせる場合は、
半日断食か1日の断食にとどめてるようにすると良いいでしょう。

健康上の問題

健康上に問題が生じる場合がまれにあります。

やはり、断食ダイエットに対しての知識の無い状態での長い年月の断食にはあるとのことです。

自宅で断食ダイエットを行う場合は、
外食はもちろん激しい運動などは避け、
健康状態の良い時に自宅で作る食事で行うようにします。

アルコール

たまに、こんなことをいう人もいます。

何もたべていないから、
アルコールだけはいいでしょうという人がいますが、
アルコールはカロリーが高いので、
断食ダイエットをおこなっている最中は、アルコールもやめてください。

水分補給

半日断食といって半日だけ食事を断つものはそれほど困難なものではないのですが、
十分に摂取するようにしたうのは水分です。

こまな水分摂取はデトックス効果もありますし、
空腹をまぎらわすことが可能です。

便秘にダイエット中になるのは良くないのに、
水分摂取を1日2リットルを目安にするのがおすすめです。

不安のある人は担当医に相談すること、
ストレスが溜まってしまうような断食であれば行わないという判断も重要です。

スポンサーリンク