ダイエット中、夜は食べない方がいいの?

ダイエットをおこなっているときというのは、
夕飯の食べる時間が気になったりしていませんか?

何時までに食べればいい?

早い時間帯に夕飯をたべれるのなら、問題はないのですが、
残業して自宅に帰ったら、
もう21時を過ぎていたなんていうことが結構ありませんか?

そのようなときには、あなたは夕飯をしっかりと食べますか?

それとも、軽くご飯を食べて済ませますか?

また、寝る3時間前には、
たくさんのご飯をたべないほうがいいかもしれません。

でも、本気でダイエットを考えているのなら、
午後6時以降は水やお茶だけにすると、
ダイエット効果があるでしょう。

午後6時以降は水やお茶だけにするということは、
ご飯が食べれないということなの・・・と思ってしまいますが、
これは違います。

夕食抜きのダイエットなどが巷では流行っていますが、
これは単純に夕食を抜くダイエット方法とは違いますよ。

夕飯を抜いてしまうのではなく、
夕飯を午後6時までに終わらせるということなのです。

何故午後6時まで?

午後6時というのは、とても夕飯には早いような気がしますが、
ではなぜ午後6時までに夕食を終わらせると、
ダイエットに効果的なのでしょうか。

これについては、その日の内に吸収したカロリーをその日の内にしっかりと消耗することができるからです。

例えば、午後6時に夕食を終わらせて、
午後11時に寝ると仮定します。

そうなれば、夕食を終えてから寝るまでの時間が5時間ちかくありますから、
夕食を遅い時間に食べるのと比べて、
必然的に消耗されるカロリーがアップしますよね。

すなわち、その分、カラダ中に必要以上のエネルギーがストックされないのです。

もっと言うなら、内臓を十分に休めることをできるようにするといったメリットなどもあります。

夕飯を18時までに終わらせるようにすると、
体重の低減だけでなく、
体脂肪率も低下しやすいと評価されています。

ライフサイクル的に午後6時までに夕飯を食べるのが無理というひとが大半ではないかと思います。

ならば、夕飯の食べる量や高カロリーなものを少しでも控えめにすることでもダイエットにつながっていくますので、
あなたなりに工夫してみてください。

スポンサーリンク