ダイエットと炭水化物について

人間の体は、食べ物から補給したエネルギーが余ると体外に排出せず、
少しの間だけ脂肪としてカラダの中に保持しておくことにしようとします。

何故、ダイエットに炭水化物がダメなの?

エネルギーを脂肪とでもいうべき形に変える際にカラダの中で働いているのがインシュリンです。

インシュリンは、血糖値が上がると生みだされるホルモンです。

血糖値が上がれば上がるほど、
インシュリンがいっぱい出るくるのでデブになっていってしまうのです。

血糖値は肉を食べたときよりも、
炭水化物を摂ったときのほうが急上昇すると言われているようです。

脂質を摂取しても、血糖値の変化はスローペースです。

カラダの中で糖になり、血糖値をアップさせる効果がある炭水化物は、
ダイエット時には、とりわけ気を付けなければいけないといえるのではないでしょうか。

炭水化物を多く含む食べ物

うどんやパスタなどの麺類、パン、ご飯類が炭水化物のほとんどを占め炭水化物が多く含んでいます。

食事のメインとして食事に必ずといって出てくる炭水化物は、
ついついうっかり食べすぎてしまうかもしれないですね。

ダイエットをおこなっている状況での食べ物では、
炭水化物はできるだけセーブするようにかなり気を付ける必要があります。

ダイエットに成功したいと思ったら、
できるだけ少な目の炭水化物の食事内容をするというのが、
スリムアップ効果につながります。

炭水化物を控えることによって、
ダイエットする方法である炭水化物ダイエットも、
誰もが知っている話題沸騰のダイエット方法のひとつですよね。

食事全体のカロリーに、しばられることのない炭水化物ダイエットを実践する事によって、
ダイエットに成功している人もいっぱいいるのです。

それは、炭水化物ダイエットで気を付けるポイントは、
単純に炭水化物をいっさい取らないことだけなのです。

だから、それ以外は極端にいってしまえば、
何をたべても大丈夫ということなので、
食事の全体のカロリーに、しばられることのない炭水化物ダイエットが楽だということです。

炭水化物を食べなくても、大丈夫というひとは、
ぜひ炭水化物ダイエットにチャレンジしてみてください。

※関連記事
ダイエットにいい食材は?ダイエットに効果的な料理について


スポンサーリンク