漢方における生姜ダイエット

生姜(しょうが)ダイエットの生姜は、漢方でも使用されてきました。

生姜は、古くから中国で生薬として使われてきたようです。

生姜の利用方法

薬効が高いと言われていて、風邪のひきはじめにしょうがを摂取すると風邪予防にもなって、 いいといわれています。

このことは、生姜が体をあたためる効き目があるからなのですね。

生姜(しょうが)ダイエットとおなじくらい、
漢方でも生姜を生のままで利用したり、
加熱したりしてどっちとも使用しています。

生でも加熱でも

生の生姜は、「生姜(ショウキョウ)」といい、
生のショウガの皮をむいて乾燥させて作ります。

「生姜(ショウキョウ)」の効用効果は、吐き気を抑えて、
むかむかする症状を抑える漢方薬として作られています。

また、加熱した生姜(しょうが)は漢方で「乾姜(かんきょう)」といいます。

生の生姜を、皮付きのまま蒸したり湯に通したりして加熱していきます。

そのあと乾燥させて使います。

「乾姜(かんきょう)」の効用効果は、水分や体液の停留をなおすといわれていて、
他にも吐き気、咳、下痢、手足の冷え、疼痛なども治すと言われています。

漢方に使われているということで、薬膳料理にもよく登場しますよね。

漢方に詳しくない人でも、なじみのある生姜は調味料にも持ち入れられていますし、
生姜は、チューブですりおろしたものも売っているので生姜(しょうが)ダイエットも気軽に始められそうです。

チューブの生姜も効果は同じ

生姜(しょうが)ダイエットをおこなうには、
チューブのしょうがなんか使っても効果がないのではと思うかもしれませんが?

じっさいに、生のしょうが、加熱したしょうがでもチューブのしょうがでも、
生姜(しょうが)ダイエットには、まったく効果がおなじですので、
あなたが好きなものを使用することをおすすめします。

ひとこと加えるなら、確かに生のしょうが、
加熱したしょうが、チューブのしょうで成分が違うことは間違いありません。


でも、生姜(しょうが)ダイエットには、影響がないのです。

だから、あなたがしょうがを摂取しやすい方法を選べばいいのです。

漢方と聞くと、難しそうですが生姜(しょうが)ダイエットが健康にいいダイエットということが納得してもらえるだろうと思います。

漢方でも、その薬効が認められている生姜を使った生姜(しょうが)ダイエットで体質改善をしましょう!

スポンサーリンク