炭水化物ダイエットの効果と注意点、低炭水化物ダイエットの方法!

あなたは、どんなダイエットを行えば、
ダイエットの効果を身をもって知ることが可能になると思いますでしょうか?

炭水化物ダイエット

いっとき、炭水化物ダイエットというダイエット方法がはやりました。

炭水化物ダイエットとは、文字のごとく炭水化物を一切食べないというダイエット方法です。

最近では、炭水化物ダイエットで有名なのが、
CMでもよくやっているライザップなんかが有名ですよね。

いっとき、いろいろな芸能人をたくさん使っていましたよね。

最近では、まったくライザップのCMは見なくなりましたけどね・・・

その炭水化物ダイエットですが、たくさんの人がチャレンジしたようだったのですが、実際には、ダイエットの効果はあったのでしょうか。

人間は、食べ物からいくらかの炭水化物を取りこまなければ感情のバランスを欠きやすく、イライラや落ちこみの原因になるといいます。

楽しく食事をすることができなくなりますし、
成人病にかかりやすくなるというデメリットなども見られるのです。

はっきり言って炭水化物を食べないと、血糖値が上がらないので、
一定期間だけのダイエット効果は授かりますが、
体に不調が出てくることによってある程度の炭水化物を食べないわけには行きません。

ある一定以上になると、体重も減らなくなって、
近い将来リバウンドをもたらします。

糖質が足りなければ基礎代謝サイクルがわずかになり、
ダイエットを始める前よりも太りやすくなってしまうのです。

炭水化物をいつまでも食べないようなカラダになってしまうと、
危険なのでおすすめしません。

やはり体には炭水化物は欠かすことができないものとなっているのです。

ダイエットの効果を高めるには、
炭水化物は多少でもあった方がいいとされています。

もちろん、炭水化物の取りすぎはよくありませんけどね。

結論を言えば

結論からいえば、炭水化物ダイエットで、
ダイエットの効果を得ることは難しい
といえるでしょう。

適した量の炭水化物を摂取することで、
自然とダイエット効果を得ることができるといえるでしょう。

要するに、なんでもバランスなのではないでしょうか。

なんでも、カラダにいいからといって、
取りすぎるのはカラダによくありませんよね。

ほどほどが一番いいのではないでしょうか。

あなたも、炭水化物ダイエットをおこなうときには、
あまり無理をしないていどに頑張ってみてください。


スポンサーリンク

炭水化物ダイエットの注意点

炭水化物ダイエットおこなうにあたって、
いろいろな意見がありますが、
その真相はいったいどのようなものなのでしょか?

炭水化物ダイエット時に気をつける事

確かに、炭水化物の摂取量を少なく抑える炭水化物ダイエットは、
ライザップの影響かもしれまんが、かなり注目されていますよね。

でも、炭水化物ダイエットをする上で、
気をつけるべき事はないのでしょうか。

100%安全といういうわけではないので、
何点か気を付ける事があるのでご紹介させていただきます。

体内のケトン量

体内に蓄積されている脂肪を消費するために炭水化物を減らしていくと、
体内の「ケトン」の量が多くなるという現象が起きます。

このケトンなのですが、人によっては、
このケトンがふえると不整脈やイライラ感の原因になる事がわかりました。

まめに水分を摂取することによって、ケトンを体内の外に排出することが、
炭水化物ダイエットではとても重要になります。

その他の影響

炭水化物は、脳の栄養素となるものですので、
摂取量を減らして極端にカットした場合、
脳の動きが鈍くなることもある事がわかっています。

また、炭水化物ダイエットをしている間は、
肝臓で糖をつくる機能をよく使うため肝機能に影響が出ることもあるといわれています。

また、血液は酸性に偏りがちになってしまいます。

炭水化物の欠乏が原因で呼吸困難に陥る人や、
こん睡状態、失神状態になってしまう人もなかにはいるようです。

もっとも、日本人には炭水化物ダイエットは不向きだという意見もあります。

炭水化物を抜くと肉を多く食べるようになるため、
コレステロールが上がりやすくなるためです。

炭水化物ダイエットは、アメリカの食習慣を前提としており、
日本の食事では思っている以上に条件が違う物になってしまうという意見もあるぐらいです。

炭水化物ダイエットは、たしかに毎日たべていた炭水化物を抜くために、
ダイエット効果が出るのが早い分、
それだけリスクもかなりあると聞いています。

ですから、あなたの体質に合っているのかどうかを見極めるということが、
炭水化物ダイエットにチャレンジする大切なポイントだといえるのではないでしょうか。

もしも、炭水化物ダイエットをはじめて、自分には合わないと思ったら、
すぐに中止していつも通りの生活に戻ったほうがいいです。

それでも、体調が思わしくないようでしたら、
お医者さんに相談することをおすすめします。


スポンサーリンク

低炭水化物でダイエットをする方法

炭水化物の摂取量を抑えることで、
体脂肪を減らすという低炭水化物ダイエットってあることをご存知でしょうか?

私は、炭水化物を全く摂取しない炭水化物ダイエットではなく、
炭水化物の摂取量を減らす、この低炭水化物ダイエットをおすすめします。

低炭水化物ダイエットの方法

では、どういった方法で、
低炭水化物ダイエットをすると効果があるでしょうか。

炭水化物ダイエットと低炭水化物ダイエットは、
とても同じような言葉で一見全く同じなのかと思ってしまうぐらい似ていますが、
じっさいは、ぜんぜん中身が違うダイエット方法ですので、
気をつける必要があります。

「炭水化物ダイエット」では、ありませんので間違わないようにしてくださいね。

これからご説明するのは、
「低炭水化物でダイエットをする方法」になります。

炭水化物というものは、
本来1日に、200~300グラムくらい摂取しますが、
炭水化物を20~40グラムまで少なくしていきます。

簡単にいってしまえば、
1日に摂取する炭水化物を約1/10までに制限するということです。

炭水化物から糖になるり体の脂肪となるわけですが、
この炭水化物は余剰ぶんなので、
炭水化物を減らすことは脂肪を増やさないという意味を持っています。

低炭水化物ダイエットの手順

第1段階として炭水化物を1日20gに制限します。

これを、2週間ほど続けることで、
体内に残っている炭水化物エネルギーがすべて消費されていきます。

第2段階は、炭水化物の摂取量を少しずつ増やしていきます。

ちょくちょく体重をチェックして、
どのくらい炭水化物を増やしたら体重が増えたかを検証します。

炭水化物のボリュームを戻す際には、
野菜メインの食生活になるように注意をしていきます。

いきなり食パンやうどんなど、
炭水化物のボリュームが多いものを食べないように気をつけましょう。

いままでの努力が、水の泡となってしまいますので、
もしも食べたいと思っても我慢してください。

低炭水化物ダイエット中も食べても良いもの

野菜のほかに食べても問題がないのものは、
食材としては卵、肉、魚などです。

また、炭水化物が少ないチーズ等の乳製品もおすすめです。

糖分、アルコール分、カフェインを含有する飲み物は遠慮してください。

体重を想定通りに減らせたら、体重が安定する程度に食事を戻します。

体重が増加しないようにするためには、
白米や砂糖を使ったお菓子などはタブーです。

炭水化物のダイエットをする場合には、
水分をふんだんに飲んで栄養バランスの良い食事を心がけることがとても大切です。


スポンサーリンク