炭水化物ダイエットの注意点

炭水化物ダイエットおこなうにあたって、
いろいろな意見がありますが、
その真相はいったいどのようなものなのでしょか?

気をつける事

確かに、炭水化物の摂取量を少なく抑える炭水化物ダイエットは、
ライザップの影響かもしれまんが、かなり注目されていますよね。

でも、炭水化物ダイエットをする上で、
気をつけるべきことはないのでしょうか。

100%安全といういうわけではないので、
何点か気を付けることがあるのでご紹介させていただきます。

体内のケトン量

体内に蓄積されている脂肪を消費するために炭水化物を減らしていくと、
体内の「ケトン」の量が多くなるという現象が起きます。

このケトンなのですが、人によっては、
このケトンがふえると不整脈やイライラ感の原因になることがあることがわかりました。

まめに水分を摂取することによって、
ケトンを体内の外に排出することが、
炭水化物ダイエットではとても重要になります。

その他の影響

炭水化物は、脳の栄養素となるものですので、
摂取量を減らして極端にカットした場合、
脳の動きが鈍くなることもあることがわかっています。

また、炭水化物ダイエットをしている間は、
肝臓で糖をつくる機能をよく使うため肝機能に影響が出ることもあるといわれています。

また、血液は酸性に偏りがちになってしまいます。

炭水化物の欠乏が原因で呼吸困難に陥る人や、
こん睡状態、失神状態になってしまう人もなかにはいるようです。

もっとも、日本人には炭水化物ダイエットは不向きだという意見もあります。

炭水化物を抜くと肉を多く食べるようになるため、
コレステロールが上がりやすいためです。

炭水化物ダイエットは、アメリカの食習慣を前提としており、
日本の食事では思っている以上に条件が違う物になってしまうという意見もあるぐらいです。

炭水化物ダイエットは、たしかに毎日たべていた炭水化物を抜くために、
ダイエット効果が出るのが早い分、
それだけリスクもかなり影響すると聞いています。

ですから、あなたの体質に合っているのかどうかを見極めるということが、
炭水化物ダイエットにチャレンジする大切なポイントだといえるのではないでしょうか。

もしも、炭水化物ダイエットをはじめて、自分には合わないと思ったら、
すぐに中止していつも通りの生活に戻ったほうがいいです。

それでも、体調が思わしくないようでしたら、
お医者さんに相談することをおすすめします。

※関連記事
炭水化物ダイエットの効果
https://n-yoshi.com/dai0115/

スポンサーリンク