低炭水化物でダイエットをする方法

炭水化物の摂取量を抑えることで、
体脂肪を減らすという低炭水化物ダイエットってあることをご存知でしょうか?

低炭水化物ダイエットの方法

では、どういった方法で、
低炭水化物ダイエットをすると効果があるでしょうか。

炭水化物ダイエットと低炭水化物ダイエットは、
とても同じような言葉でいっけんまったく同じなのかと思ってしまうぐらい似ていますが、
じっさいは、ぜんぜん中身が違うダイエット方法ですので、
気をつける必要があります。

「炭水化物ダイエット」では、ありませんので間違わないようにしてくださいね。

これからご説明するのは、
「低炭水化物でダイエットをする方法」になります。

炭水化物というものは、
本来1日に、200~300グラムくらい摂取しますが、
炭水化物を20~40グラムまで少なくしていきます。

簡単にいってしまえば、
1日に摂取する炭水化物を約1/10までに制限するということです。

体の脂肪は、炭水化物から糖になったわけですがこの炭水化物は余剰ぶんなので、
炭水化物を減らすことは脂肪を増やさない意味を持っています。

手順

第1段階として炭水化物を1日20gに制限します。

これを、2週間ほど続けることで、
体内に残っている炭水化物エネルギーがすべて消費されていきます。

第2段階は、炭水化物の摂取量を少しずつ増やしていきます。

ちょくちょく体重をチェックして、
どのくらい炭水化物を増やしたら体重が増えたかを検証します。

炭水化物のボリュームを戻す際には、
野菜メインの食生活になるように注意をしていきます。

いきなり食パンやうどんなど、
炭水化物のボリュームが多いものを食べないように気をつけましょう。

いままでの努力が、水の泡となってしまいますので、
もしも食べたいと思っても我慢してください。


食べても良いもの

野菜のほかに食べても問題がないのものは、
食材としては卵、肉、魚などです。

また、炭水化物が少ないチーズ等の乳製品もおすすめです。

糖分、アルコール分、カフェインを含有する飲み物は遠慮してください。

体重を想定通りに減らせたら、
体重が安定する程度に食事を戻します。

体重が増加しないようにするためには、
白米や砂糖を使ったお菓子などはタブーです。

炭水化物のダイエットをする場合には、
水分をふんだんに飲んで栄養バランスの良い食事を心がけることがとても大切です。

スポンサーリンク