お風呂ダイエットの方法

お風呂ダイエットは、楽してダイエットができるということで、
人気がありますが、熱い湯舟に長く浸かっていればいいということではないのです。

手順

では、お風呂ダイエットでじょうずな入り方というのはどんな手順で行うのがいいのでしょうか。

お風呂の湯舟は、あまり熱い温度にはしないでください。

すぐにのぼせてしまい、お風呂に長く入っていられなくなります。

ですので、お風呂のお湯の温度は、
42℃~43℃が湯舟がダイエットの適温です。

これでもやや熱めのお湯につかることになりますので、
体調や具合が悪い時などはお風呂ダイエットは、
おこなわないよにしておいたいいでしょう。

いきなり湯舟に入ると体がびっくりしますので、
まずはかけ湯をして徐々にカラダをならしてから湯舟に浸かってください。

かけ湯が済んだら、お風呂の湯舟に体を入れます。

1回の湯舟に浸かっている入浴時間は、
3分から5分ぐらいにしておきます。

カラダが、お湯の熱さに徐々に慣れてきたらお湯の中で手を回したりしましょう。

お風呂の中で座った状態で、
上半身を左右に回したりなど、
軽く体を動かしていきます。

最初の入浴時間が終了したら、一度バスタブから体を出して、
5分ほど体を一休みさせてください。

この間に、カラダや髪の毛を洗っておくのもよい方法です。

体を休ませ、ふたたび湯舟に入ってからは、
一度目と同じ様にお風呂の中でのエクササイズをしていくようにしてください。

しばらく湯舟に入って、出て5分入浴を2回行ないます。

3回目にお湯に入る時には、
お湯の温度はいくぶん高くなってもオーケーだと言われています。


42度では暑すぎる人は

42度のお湯は、のぼせやすくて体がきついという人は、
38度くらいの湯舟に半身浴で入って、
時間をかけてダイエットをスタートさせてもいいと思います。

お風呂ダイエットは、慣れるまではのぼせたりしちゃうことになるケースもあるものです。

ですから、あなたの体調を見ながら、
絶対無理をしないようにすることが大切です。

お風呂ダイエットでは水分が失われるので、
しっかり水分補給をすることを忘れてはなりません。

お風呂場にお水をもっていきましょうね。

このときにお風呂場にもっていく水は、
冷たい水をもっていきたくなるのはやまやまですが、
氷なんかをたくさんいれて、すごくわかりますこの気持ち。

でも、火照ったカラダには、
常温の水がカラダには負担がなくいいと言われていますので、
常温の水をもっていくようにしましょう。



スポンサーリンク