ダイエット中はお酒もタバコも禁止?

ダイエット中は、アルコールとかタバコも禁止しなければダメなのなんて聞いたことがあるとおもうのですが、実際にはどうなのでしょうか?

でも冷静に考えれば、よく中年にありがちなのが、
ビール腹っていうぐらいお腹がポコンとでているひとがいるではないでしょうか?

ダイエット中のアルコール

やはり、アルコールでもとくにビールには、
糖質が多いのでできるならダイエット中にはあまり飲まない方がいいかと思います。

また、アルコールの種類にもよりますが、
アルコール類というのは、かなり糖分が多いものがたくさんあります。

なので、できるだけアルコールは控えた方がいいのは言うまでもないでしょう。

どうしても、アルコールを飲みたくなったら、
0カロリーとか、アルコール度数が0のものとかいろいろな商品があるので、それで我慢しましょう。

アルコールは、ダイエットが成功したときに自分にご褒美ということで、
それまでは我慢するのがいいです。

タバコは?

また、タバコに関しても、
ダイエットには必要不可欠な有酸素運動をするためには、
禁煙するに越したことはありませんよね。

タバコというものは、呼吸機能を低下させるために、
持久力が落ちていき、
やがて早々に息切れがしてしまうようになっていきますので、
有酸素運動の邪魔をしているのです。

ですから、ダイエットするには、アルコールやタバコなどは、
「禁酒」・「禁煙」にした方が良いのは間違いないかと思います。

まとめ

でも、多くの人がダイエットに失敗する原因というのは、
ほとんどのひとがストレスによるものです。

いままでは、好きなものを好きなだけ食べていたのに、
ダイエットをはじめたことによって、
好きなものが食べられないことや、
毎日運動を続けることが原因でストレスに我慢できずに挫折してしまう人がほとんどです。

ダイエットを長く続けていくためには、
ある程度のストレス解消も必要ですから、
「禁酒」や「禁煙」でますますストレスをためていったら、
ダイエットも続くものも続けられなくなってしまうことでしょう。

もうひとつ、ダイエットをおこなうために、
タバコをやめたことによって、
禁煙に成功するひともなかにはいらっしゃいます。

禁煙は健康にとても大変良いことではありますが、
禁煙に成功したことによって、
舌の味覚が正常に戻って口にするものがすべて美味しく感じられるようになるために、
ついつい食べすぎてしまって太ってしまうというデータがあるぐらいですので、
禁煙に成功したひとは、気を付けるようにしてください。

わたしも、ダイエット中に禁煙をしたことで、
タバコはいっさい吸わなくなってことはよかったのですが、
体重が●●kgも太ってしまって、
さらなるダイエットにせいをだしたことに苦い経験があります。

ですから、くれぐれも気を付けてください。



スポンサーリンク