ダイエット中には激しい運動する事も必要?

ダイエットというと、
激しい運動をしてやせるというイメージがありますが、
果たしてダイエットには、激しい運動が必要なのでしょうか?

あなたは、どう思いますか?

激しい運動は・・・

結論から言ってしまえば、
ダイエットにはやっぱり運動は欠かせませんね。

でも、激しい運動でなくても大丈夫です。

もしも、一時的に体重が落ちさえすればいいんじゃないか、
というのであるのならこれといって体を動かす必要はありませんけどね。

けれども、シェイプアップした状態をキープし続けたいと思うのだとすれば、
健康的な身体づくりはなくてはならないものだと思った方がおすすめだと言えますね。

体を動かすスタートは、カロリーを浪費することにより筋肉をつけることが理由です。

有酸素運動

カロリーを浪費するには、
「有酸素運動」を日々20分以上おこなわなければならないと言われています。

もし、20分以上の「有酸素運動」をする時間がとれなくて、有酸素運動ができないという人の場合は、
間を空けて「5分」ずつの有酸素運動でも、実行しないよりはカロリー消費効果を見せるでしょう。

また、有酸素運動は何かと言ったら、
ジョギング、ランニングやウォーキングをするひとがほとんどではないでしょうか?

もし、5分の時間もとるのがめんどくさいと感じるのなら、
あなたが毎日使っている最寄りの駅のひとつ手前で下りて、
そこから自宅まで帰ってみるというのはどうでしょうか?

これだけでも、やらないよりはぜんぜんいいと思いますよ。

わたしも、最寄りの駅のひとつ手前で降りて、
自宅まで歩いて5km近くを歩いて帰っていました。

本当のことを言うとこれだけであっても日常的に実践すると、
足に筋肉がついてきます。

「無酸素運動」と言われる筋トレなどと比較して考えた場合、
筋肉のつき方はゆっくりになるものの、
ウォーキングなどの有酸素運動を継続していくことによって筋肉をつけることができるのです。

筋肉量が増加すると、基礎の代謝サイクルがアップします。

わかりやすく言うと、落ち着いた状態のもとで浪費するカロリーが増加するということです。

基礎代謝サイクルが上がれば、
その分だけ一日の消費カロリーが増えることになりますから、
脂肪がつきづらくなっていくのです。

そんな訳で、ダイエットのことを考えたら、
できる範囲で365日身体を動かすようにするといいでしょう。


スポンサーリンク