下半身ダイエットに効果的な歩き方と筋トレについて

ダイエットはしているものの、下半身の余分な肉がなかなか落ちない、
という方は意外と多いのではないでしょうか?

今日は、下半身ダエイットに有効な歩き方と筋トレについて記事にしてみました。

下半身ダイエットに効果的な歩き方とは?

ダイエットをおこなうときに、基本の基本なのですが、
実はウォーキングするときに歩き方を見直すだけで、
下半身のダイエットにつながっていくだけではなく、
とても効果があることをご存知でしょうか?

あなたが、正しい歩き方を身につけるだけで、
あなたのカラダに過剰な負担をかけずに済みますから、
腰から下にいらない筋肉や脂肪がつきづらくなるので、
スッキリとすることでスリムにみえていくことでしょう。

でも、正しいウォーキングってどうやるのでしょうか?

歩き方のコツですから難しくはないですよね。

ウォーキングのコツは以下の点に気をつけてください。

・足の着地をするタイミングはかかとからおこなうこと
・姿勢をよくして背筋を伸ばすこと
・上半身のみに無駄な力を入れない
・親指で地面を蹴るようにして歩いていくこと
・ウォーキングするスピードは変えないこと
・ウォーキングのスピードは常に同じスピードで歩くこと

いっけん、たくさんあって細かいことばかりじゃんと思わないでください。

これを、ひとつひとつ行っていくだけで、
下半身のダイエットにつながって、
スリムになって綺麗になることを思ったら、
実践しない手はないと思いませんか?

普段だとこんなことまで考えないで、
まったく気に留めないで歩行しているので、
いきなり良い方向に向かわせようとしても感覚の違いから、
ウォーキングしづらいかもしれないですね。

まずは姿勢をよくして背筋を伸ばしてから、
かかとから着地するということを意識してみてください。

これだけでもできるようになったら、
次のステップとして親指で地面を蹴るということを意識してください。

ある程度経過した頃、
上半身の力の入れ具合とウォーキングスピードを意識することによって、
少しずつこの歩き方になれてくると思います。

このウォーキングを毎日おこなうことによって、
あなたの下半身の脂肪がどんどんと減少していき、
日を追うごとにダイエットの効き目を感じ取ることができると思います。

すべてを一気にできなくても、
慌てないでひとつひとつクリアーすることを目指してください。

すぐに慣れてくると思いますよ!

このウォーキングの時にEMS機器を装着するのが私のお勧めです!


スポンサーリンク

下半身ダイエットに効果的な筋トレとは?

下半身を細く、スタイルをよくしたいなぁ~と思っても、
下半身ダイエットってなにをすればいいのでしょうか?

そこで、今回はこの筋トレ方法を行なうように心掛ければ、下半身ダイエットに効果的というものをご紹介します。

では、どんなふうに筋トレ方法を行ないさえすればいいのでしょうか?

●下半身ダイエットに効果的な筋トレ方法は、次に示すようなものがあります。

簡単にご説明させていただきますと2つの方法があります。

①太ももの筋トレを行う方法

②ふくらはぎの筋トレを行う方法

①太ももの筋トレを行う方法

太ももは代謝活動が低いことから、
カラダの中でも体重が落としづらく、
下半身ダイエットには、太ももは難しい部位だというのが一般的に言われています。

そういうわけで、太ももの代謝活動を増加させるためにも、
スクワットなどで太ももの筋肉をパワーアップさせてみることをお薦めします。

スクワットを実施するといった場合のポイントは、
時間を掛けて腰を落としていき、
ゆっくりとゆっくりと腰を高めるようにするということになります。

腰を落とした時に膝がつま先より前に出ないように意識してください。

ここで、ひとつ注意ですが、
スクワットを早く行えば、それだけで、
下半身ダイエットができるという人がいるのですが、
そんなことをしてもほとんど効果がないばかりか体に負荷をかけてしまって、もうきついからスクワットはやめた・・・

なんていうことにもなりますので、スクワットは早く行うのでなく、
できるだけゆっくりとゆっくりと時間をかけて行なうようにしてくださいね。

でないと、腰を痛めてしまう原因にもなってしまいます。

そのようにして、回数や頻度は無理をすることなく、
あなたにあったペースで焦らないで、
1日5回~10回ぐらいを手始めにてすることをおすすめします。

②ふくらはぎの筋トレを行う方法

ふくらはぎの筋肉もパワーアップしていけば、
代謝活動をさらにアップさせていき、
脂肪の燃焼を改善するということが行なえます。

ふくらはぎの筋トレ方法もそれほど難しいことはありません。

まず、壁に手をつき、片足の一本足立ちとなって、
足のつま先で立っていきます。

そっくりそのまま、かかとを地面につくギリギリまで下ろしていき、
はじめの姿勢にもどしてください。

これを何度か繰り返すことによって、
ふくらはぎの筋肉を鍛えることができるということです。


スポンサーリンク