お腹周りをスッキリするにはやっぱり腹筋が効果的!?ダンベルを使用したお腹をへこませる方法!

お腹をひっこませる方法といえば、
普通に思いつくのがやはり腹筋ですかね。

腹筋を開始してお腹のまわりの筋肉を鍛えれば、
お腹についてしまった脂肪を燃焼してくれるということが可能になります。

今回は、腹筋について記事にしてみました。
後半はダンベルを使用したお腹周りをスッキリさせる方法です。

夏も終わりに近づきますが、
引き締まったお腹を目指しましょう!

お腹周りをスッキリさせるには、やっぱり腹筋が効果的!?

お腹をひっこませる方法といえば、
普通に思いつくのがやはり腹筋ですかね。

腹筋を開始してお腹のまわりの筋肉を鍛えれば、
お腹についてしまった脂肪を燃焼してくれるという事が可能になります。

腹筋というのは、他の筋肉と違って、
鍛えれば鍛えるほど引き締まっていくので、
男性の場合でいえば、
ボクサーのようなお腹にすることも可能だと言えます。

女性の場合だったとしても、フラットなお腹で、
綺麗なくびれたウエストにできるでしょう。

一般的な普通の腹筋を何でもかんでもやってしまうというのも問題ないですが、
いずれにせよ腹筋をやるのなら効果を発揮する方法で実施したいですよね。

腹筋ってひとつじゃないって知ってましたか?

以外と知らない人が多いのではないでしょうか?

実際には、腹筋には3つの腹筋があるんですよ!

①前腹筋
②側腹筋
③後腹筋

なんとな~く聞いた事があるかもしれませんが、
これら3種類 の筋肉があるのです。

前腹筋、側腹筋、後腹筋この3つをバランスを考えて鍛え上げるように気をつければこれまで以上に効果が期待できます。

しかしながら、常日頃からキッチリ腹筋を続けたという場合でも、
暴飲暴食したり、食べ過ぎてはまったく無駄骨に終わります。

腹筋で燃焼する脂肪をオーバーするくらい脂肪をつけているんだったら、
いつまでやってもお腹がへこむなんて不可能なのです。

腹筋をおこなうのはもちろん、
カロリーの摂り過ぎや食べ過ぎに気をつかって、
栄養のバランスが取れた食事を食べてください。

もっと言うなら、腹筋だけに限らずこれ以外の筋肉を鍛えたり、
有酸素運動をするということも、
お腹を引っ込ませることに繋がっていきます。

腹筋の効果というものはすぐには目に現れないので、
毎日しっかりとコンスタントに長続きさせる、
といったやり方も重要になります。

なにわともあれ、腹筋を鍛えるには、時間がかかりますので、
余裕をもって腹筋を鍛えてください。

人によってもマチマチですが、
最低でも1ヵ月以上~3ヵ月は頑張って実践してみてください。

あと、ひとつ言い忘れたことがあります。

それは、腹筋の行う回数にも、影響がありますので、
腹筋の回数にも意識して行うようにしてみてください。

はじめは自分の出来る回数を行い、
徐々に慣れてきたら回数を増やしていきましょう。

30回3セットできるようになる頃には、
効果を実感できているはずです!


スポンサーリンク

ダンベルを使ってお腹をへこませる?

筋トレを行なう場合では、
ダンベルで重圧感を強化する自分自身もたくさんいらっしゃいますが、
その方法はかなりの効果が認められるものなのです。

だとすれば、お腹をへこませるにしても、
ダンベルを使用してお腹をへこませる方法っていうのは、
効き目を見せることができますね。

ダンベルを活用して筋トレすることによって効率的に腹筋を鍛えられることもあって、
ダンベルを使用しない場合よりは短い期間でお腹を引っ込ませるということが実現できそうです。

筋肉といっても、腕の筋肉と違って、
腹筋はいくら鍛えてもそれ以外の筋肉とは全然違っているので、
筋肉のムキムキのようなワイドになることなくギュッと締まっていくため、
女性でも気にしないでトレーニングに励むことができます。

ダンベルで重圧をかけて鍛え上げることによって、
お腹をへこませられるというわけです。

とは言っても、ダンベルの筋トレ方法については気を付けることがあります。

これについては腹筋を鍛え上げるといった場合だけではありませんが、
ダンベルを用いる筋トレ方法はやり方を間違えると、
怪我に見舞われてしまうので注意してください。

何と言っても腹筋は、怪我をしてしまうと大変な腰と隣りあわせですので、
何度も言いますがダンベルの筋トレは、
くれぐれも気をつけるように心がけしてくださいね。

折角ですので、具体的な例として、
ダンベルでの腹筋の鍛える方法をひとつご紹介いたします。

まずは、あなたの肩幅と同じくらいに両足を開いてください。

そしたら、両手にダンベルを持ちます。

次に、いずれかの手をゴミを拾うように下方に伸ばしていきます。

そしたら、もう片方の手を上に伸ばしていきます。

このようにすることで、
捻られておなかのわきの腹筋が鍛えられていくので、
ぜひぜひくびれを作り出したい人にはドンピシャリのやりかたなのです。

もちろんこれ以外にも、ダンベルを使用した腹筋の鍛え方の方法は何種類ものやり方が存在しますので、
あなたのお気に入りのやり方でしっかりとコツコツ腹筋を鍛えてお腹をへこませてもらいたいです。

それでは、あなたに無理がない腹筋方法を見つけてみてくださいね。

シェイプアップ頑張りましょう!


スポンサーリンク