腹筋の基礎知識とEMS機器ベルトのダイエット効果について

お腹の筋肉を6つに割りたいという方は、けっこう多いと思います。

しかし、間違ったトレーニングをすることで、
なかなか筋肉がつきにくいなどという事もあるため、
正しい知識やトレーニング方法を知る必要があるかと思います。

今回は、腹筋に関する基礎知識やトレーニング方法や、
EMS機器ベルトについてお話したいと思いますので読んでみてくださいね。

〇腹筋は主に4つに分かれる

腹筋は、腹直筋の1つだけかと思うかもしれませんが、
実は、4つに分ける事ができます。

「腹直筋」と「腹横筋」と「内腹斜筋」と「外腹斜筋」です。

腹直筋のみ鍛えたとしてもバランスのとれた腹筋が作りにくいです。

それぞれ詳しく説明したいと思います。

〇メジャーな腹直筋

先程、様々な腹筋がある事をお話ししましたが、
その中でも代表的な腹筋と言われているのが、
これから紹介する腹直筋です。

分かりやすくお伝えすると6つに割れた板のような筋肉で、
お腹の一番表面にあります。

一般的に腹筋が割れている状態とは、
腹直筋が鍛えられて余分な脂肪が一切ついていない状態です。

腹筋を割りたいと考えている方は、まずは、
腹直筋を鍛える事から初めましょう。

腹直筋の役割は、骨盤の前の部分を引き上げたり、
体幹を曲げたりする事です。

その他にも、お腹を引き締めてくれたりもするので、
ダイエットなどする際にも鍛えるがあると言われています。

〇ダイエットに重要な筋肉といえば腹横筋

お腹をへこませたい時に鍛える筋肉といえば腹横筋です。

別名インナーマッスルと呼ばれたりもします。

お腹の1番内側にあり、お腹全体を包んでいるため、
コルセット筋と呼んでいる人もいます。

〇クビレを作りたいなら内腹

斜筋と外腹斜筋を鍛えよ

お腹のちょうど真横辺りにある筋肉で、
外腹斜筋の中に内腹斜筋が張り付いてるような状態です。

ちなみにお腹をくすぐられるのが嫌な人は、
腹斜筋が緊張してしまうため起こります。

外内腹斜筋は、内蔵の位置を安定させたり、排便を助けたりします。

クビレを作るためには、重要な筋肉なので、
クビレを出来るだけ早く作るなら鍛えておきたい筋肉の1つです。


スポンサーリンク

〇お腹周りの筋肉は最後に燃えるって知ってた?

お腹の脂肪など落としたくてもすぐに落ちなくて悩んでしまう方が多いかと思いますが、他の筋肉よりもあとに落ちるため、すぐに変化は現れません。
しかし、諦めずに腹筋を行えばいつか必ずお腹の脂肪が落ちるかと思います。

〇とりあえずトレーニング

腹筋に関するトレーニングと言っても様々なトレーニングがあります。
そのため、メジャーなトレーニングをいくつか紹介したいと思います。

〇トレーニング方法はこれ

様々なトレーニングがある中でおすすめなのが複数あります。
1つ目は、フロントブリッジです。
全体的な筋肉と体幹を鍛える事ができます。
レベルは、比較的に引く、短期間で成果がでやすいです。

2つ目は、クランチです。
腹筋トレーニングと言えばクランチと言われるほど、
腹筋トレーニングの中では、メジャーです。

3つ目は、バイシクルクランチです。
クビレを作りたいなら、このトレーニングを行うと効果が出やすいかもしれません。

4つ目は、レッグレイズです。
股関節の大腰筋などを鍛えるのにオススメのトレーニング方法です。
上記以外にも複数トレーニング方法がありますので、機会があったら調べてみて下さいね。

〇良いトレーニングをするためのコツは?

主なコツは、以下の通りです。
トレーニングをやり過ぎないようにする、
トレーニングに適した正しい呼吸法を身につける、
腰に力をあまり入れないというコツがあるため、実践してみましょう。

〇おすすめのEMS機器ベルト

少し前から腹筋のトレーニングがしやすいと話題のEMS機器ベルトですが、EMS機器と簡単に言っても様々な種類があります。

パック型、ベルト型、充電式、電池式など様々なタイプがあります。
値段的にも安く、Amazonなどで人気の商品がMuzik EMSです。


『送料無料』Muzik EMS 腹筋ベルト腕筋 筋トレマシン トレーニング ダイエット器具 11段階 6つモード USB充電式 日本語説明書[代引選択不可]

効果を最大限に高めるために毎回同じ箇所に使用しない、
電気が上手く伝わるように正しい位置にパットなど貼る、
基礎代謝を高めるために太ももやお尻から鍛え始めるなどがオススメの使い方です。

○まとめ

今回は、腹筋に関する基本的な情報とEMS機器ベルトを紹介しました。

腹筋を割りたいと考えている方は、
まずは、腹直筋を鍛える事から初めましょう。

腹直筋は、骨盤の前の部分を引き上げたり、体幹を曲げたりする事です。

その他にも、お腹を引き締めてくれたりもするので、
ダイエットなどする際にも鍛えるがあると言われています。

お腹をへこませたい時に鍛える筋肉といえば腹横筋です。

別名インナーマッスルと呼ばれたりもします。

おすすめのトレーニング方法は、1つ目は、フロントブリッジです。
全体的な筋肉と体幹を鍛える事ができます。
レベルは、比較的に引く、短期間で成果がでやすいです。

2つ目は、クランチです。
腹筋トレーニングと言えばクランチと言われるほど、
腹筋トレーニングの中では、メジャーです。

3つ目は、バイシクルクランチです。
クビレを作りたいなら、このトレーニングを行うと効果が出やすいかもしれません。

4つ目は、レッグレイズです。
股関節の大腰筋などを鍛えるのにおすすめのトレーニング方法です。

主なコツは、以下の通りです。

トレーニングをやり過ぎないようにする、
トレーニングに適した正しい呼吸法を身につける、
腰に力をあまり入れないというコツがあるため、実践してみましょう。

EMS機器と簡単に言っても様々な種類があります。

パック型、ベルト型、充電式、電池式など様々なタイプがあります。

値段的にも安く、Amazonなどで人気の商品がMuzik EMSです。


『送料無料』Muzik EMS 腹筋ベルト腕筋 筋トレマシン トレーニング ダイエット器具 11段階 6つモード USB充電式 日本語説明書[代引選択不可]

効果を最大限に高めるために毎回同じ箇所に使用しない、
電気が上手く伝わるように正しい位置にパットなど貼る、
基礎代謝を高めるために太ももやお尻から鍛え始めるなどがオススメの使い方です。

腹筋は確かに硬くなりますが、EMS機器のみでは体重は落ちづらい、
というのが私の感想です。

食事の量を減らしてみる、適度な運動(ウォーキング)を同時に行うとダイエット効果を更に得られると思います。

私のお勧めは、EMS機器を装着してウォーキングを行う事です。
是非試してください。


スポンサーリンク