冷え性で悩んでいる人におすすめのサプリメント

食習慣を改善し、栄養の偏りをなくすことが、
冷え性の症状改善には効果的です。

もし、毎日食べているものだけでは栄養バランスが調整できないなら、
サプリメントを使ってみてください。

空腹時には寒さを感じる

空腹時に体の寒さを感じ、
満腹の時には体の温かさを感じるものですが、
これには理由があります。

人間の身体は、
消化によって熱エネルギーが生成されるようになっているため、
体感温度がアップします。

つまり、空腹状態が長く続けば続くほど、
体温は維持しづらくなり、
身体は末端から冷え始めることになるわけです。

逆に、きちんと食事を摂ることで、
一定時間おきに体を温めることができるようになりますので、
冷え性の緩和に役立ちます。



食事の時間が一定にならず、
栄養が十分に摂れないという人は、
サプリメントで栄養不足を補うことで、
冷え性対策をすることが可能です。

冷え性になる要因の一つとして、
身体を冷やす作用があるものをたくさん食べて、
体を温めるものを食べていないことがあります。

インスタント食品やレトルト食品など、
手軽で保存性の高い食品は冷え性を誘発しやすいので多用はきるだけ控えましょう。

不足している栄養は、
サプリメントを活用することで、
体内に取り入れることが可能になります。

気をつけなければいけない点として、
サプリメントは補助に使うものであって、
食事のメインには使わないようにしたいことです。

サプリメントに含まれている成分が冷え性緩和に役立つとしても、
サプリメントばかりの食生活は健康によくありません。



冷え性の対策に役立つ成分とサプリメント

冷え性の対策として、
サプリメントを利用してある成分を摂取する方法があります。

冷え性の要因は人によって色々ですが、
たんぱく質やミネラル、ビタミンEやビタミンCの摂取は、
冷え性改善に効果を発揮します。

もしも、甘い食べ物や、インスタント品、
レトルト品ばかり食べていて手指の末端が冷えやすくなっているなら、
ビタミンB群が有用です。

ホルモンのバランスが崩れて、
血液の巡りが悪くなっているために冷え性の症状が現れているという人は、
ビタミンEが有効です。

とくにビタミンEには抗酸化作用があり、
血液をサラサラにして体が酸化するのを防いでくれる栄養成分として知られています。

どろどろだった血液がさらさらになれば、
身体の隅々にまで熱が運搬されて冷え性が解消できます。

ビタミンCにはいろいろな働きがありますが、
冷え性に関係があるのは、
鉄分の吸収促進する働きです。

冷え性の原因の一つに、
体温調整機能に関係している自律神経の働きが弱いことがあります。

ビタミンCを意識して摂取するためにサプリメントを使えば、
自律神経に含まれている交感神経の働きを助けることが可能になります。

忘れずに摂取しておきたい栄養には、
自律神経の働きに関与するアミノ酸というたんぱく質があります。

本来であれば、
冷え性の対策としてこれらの栄養素はサプリメントに頼るのではなく、
食事から摂ることが望ましいです。

サプリメントを使うことで、
日々の食事だけでは足りないような栄養を、
手間をかけずに補給することができます。




スポンサーリンク