将来性のある職業に就きたい!でもどうやって適性を見極めれば良いの?

今後はAI技術が発達していることが予想されていますので、
将来的に不要になってしまう職業があるだろうと予想されています。

ですから、就職活動をする際には将来的に安定している職業を選びたいというのがほとんどの人たちの本音でしょう。

今後なくなってしまう職業?

今でこそ必要性の高い職業でも、
AIの進歩に伴っていらない職業になってしまっては、
努力の甲斐がありません。

AIでできる仕事が今後増えてくると、
現在は安定した職業の代表とも言われている公務員も、
今ほど人員がいらなくなってくるでしょう。特に事務系の仕事は人件費の削減のためにAIが導入しやすい職種になっています。

電車、トラックの運転手、レジ係、入力事務仕事等々様々な職業が挙げられていますよね。

一説によれば、今生まれてくる子供たちの就職するときには、今ある職業の6割は無くなっているとも言われています。

6割は今存在しない仕事が誕生しているという事ですね。

将来的に、AIができることが多くなったとしても、
人の手でしたほうがいいことや、
人でなければできないこともあります。

もしも、将来は安定性のいい職業につきたいと考えているならば、
取得可能なうちに資格を取るなどの取り組みが大事です。

ただし事務職など一般的な職業に就いていても、
途中から大幅なキャリアチェンジをするために資格取得をしていくことももちろん可能です。

将来的な職業を考える上では、
老人医療の必要性が高くなっていたり、
介護サービスを提供する職業が増大していくことも指摘されています。

職業を選択する時には、
自分の就きたい仕事が将来の日本や社会に求められるものなのかも意識したほうがいいでしょう。

もちろん自分が興味のある職業、
憧れる職業に就くのもひとつの動機ですが、
その業界の情勢を調べておくことも大切です。

就職活動で納得のいく結果を出すためには、
早いうちから将来なりたい職業に目星をつけておき、
資格取得や、積んでおいたほうが有利な経験などを知っておくべきです。

将来なりたい職業に就くために準備できること

職業選択で大事なことは、
将来働きたい仕事を決めたら、
そのために必要なことを検討することでしょう。

就職活動を開始する時に、
ある程度の用意ができていたほうが、
話が進みやすくなります。

たとえば、大手企業に勤めたいという漠然とした目標しかない場合でも、
事前に準備できることはあります。

将来的にどんな会社に就職したいかがはっきり決まっていなくても、
難関大学を卒業することで、
競争率の高い企業への就職もしやすくなります。

学歴の重要性は一昔前ほどではなくてもある程度はあります。

その反面、学歴を全く気にしないで採用者を決める会社もあります。

会社によっては、学歴よりも、
親方の厳しい修行についてこられることに力点を置くようです。

コツコツと一つの技術を磨き続けるような働き方を求めている工房もあります。

仕事を任せることができる職人になるまでは、
指導を受けたり、周囲の仕事を見て覚えたりといった時期が長いこともあります。

学歴よりも、技術や経験が重視されるような仕事もありますが、
基本的には学歴が高くなるような教育機関を通ることで、
就職時に採用されやすくなることを重視するものでしょう。

将来沢山のお金を稼ぎたい、
役人や科学者になりたいといった目標がある場合にも同じことが言えます。

これはと決めた職業がまだない人が、
将来に自分の夢を叶えられるようになるには、
勉強を続けていい大学に入れるようにすることです。

将来働きたい職業がハッキリとしている人は、
そのために必要な勉強は何かや、
現時点でやっておけることは一体何かを見極めましょう。

しかるべき準備をして、
万全の体制で就職活動をスタートできるようにしておくことが、
将来になりたい職業のためには重要です。


スポンサーリンク