視力低下の原因と目の病気について考えてみる!

現在社会では近年、
ますます視力が悪くなってきている人が多くなってきているみたいです。

どうして?
視力は、低下していくのでしょう?

視力低下の原因について

視力が悪くなっていく原因には、
どのようなことがあげられるでしょうか?

視力低下の原因のひとつとして考えられるのが、
「眼精疲労」になります。

眼精疲労は、近くにあるものをじっと見続けることだったり、
テレビを長時間見たりしたり、
もしくは、スマートフォンの画面を長時間見続けることによって、
この眼精疲労が起こってしまいます。

上記にあげたことが、視力低下につながってしまって、
視力が悪くなってしまっているのです。

また、テレビゲームやスマートフォンでゲームなどを長時間することによって、
視力が悪くなっていくひとつの原因です。

昔から現在にいたるまで、
ポータブルゲーム機がとても人気となっていますよね。

実際には、これらを行うことによって、
視力低下の原因のひとつとも言えますね。

今、世の中は、スマートフォンをもっている人たちがほとんどと言えるくらい復旧していて、
スマートフォンでもいつでもゲームができるようになっていますよね。

それに加えて、任天堂のスイッチや3DS、PS VITAなども加わって、
いつでもどこでも好きなときに、
ゲームができる子供たちが増えてきました。

もちろん、ゲームは子供だけではなく、
大人がスマートフォンでやる人もたくさんの人が増えてきました。

よく、見かけませんか?

通勤時間帯の電車の車内で、
スマートフォンでゲームをしている人を多くみかけたりしますよね。

スマートフォンでゲームをすることによって、
さらに眼精疲労をすすませてしまうことになっていくのです。

そして、この事が原因で、視力低下となっていってしまうのです。

また、昔とは違って、
仕事などで1日中パソコンを長時間見ている人が多いこともあって、
これらが視力低下のひとつと考えられます。

どうしてもパソコンの作業することによって、
まばたきの回数を極端に減らすことがわかっているのです。

そのために、目が乾いてしまい、
ドライアイなどの症状をひきおこしてしまい、
これらも視力低下の原因となっていくのです。

そもそも、この「眼精疲労」とは、なんなんでしょうか?

眼精疲労は、眼を動かす筋肉が緊張して起ることが原因です。

この眼筋というものが過度に緊張することによって、
視力低下の原因になってしまうのです。

その他にも、まだいろいろと視力低下の原因としてあるのですが、
意外とこの事実を知らない人が多いので、知ったらびっくりですよ。

それは、「寝転んで本を読むなどの行為」も視力低下の原因だったのです。

ウソと思う人も多いのでは、ないでしょうか?

なぜ?
寝転んで本などを読んだら、視力が悪くなるのでしょうか?

それは、左目と右目の対象の位置が変わってくることによって、
そのことが原因で、左右の視力に違いをつけるからなのです。

また、この左右の視力の違いがひどくなっていくと、
どうしても片方の眼ばかりを使用することになってしまうので、
このことからも視力低下の原因となるのです。

あとよくありがちなのが、視力が低下しているにも関わらず、
何もしないで放置して、
目の矯正などを行わずにいることも視力の低下と考えられます。

目が悪くなってくると、どうしてもものがみえにくくなってしまうので、
目を細めて遠くを見たりしてしまうことがたまりありますよね。

実は、この目を細めて遠くを見るということも、
視力低下の原因になっていることをご存じでしたか?

このため、目が悪くなってきて、
視力が低下しているなと思ったら、
できるだけ早めに病院にいくなりして、
対応を考えたほうがいいです。

もしくは、眼鏡やコンタクトレンズなどをするようにして、
なんらかの視力の矯正をとったほうが目にはやさしいでしょう。

最後に、最近目が悪くなってきて、
視力が下がったかなと思っていたら、
じつは、なんらかの目の疾患の前触れであることもたまにありますので、
注意してください。

もしも、急激に視力が悪くなったと思った場合、
一度医師の診察を受けてみるといいかと思います。


スポンサーリンク

目の病気について

人間には、人それぞれいろいろなところに病気を煩わせることがあります。

その中でも、とくに目の病気というのは、
種類がとてもたくさんくあって、
人間が目の病気にかかりやすいと言われているのです。

では、そんな「目の病気」には、
どのようなものがあるのかご存んじですか?

目の病気といっても、
いろいろな症状のものがあります。

例えばですが、春先などにとくに多い花粉症によって、
「目のかゆみ」というものがありますよね。

このように、花粉だけにに限らず、
ダニや動物の毛などによっても起こるかゆみを伴う目の病気のことを、
「アレルギー性結膜炎」といいます。

この、「アレルギー性結膜炎」という目の病気の症状というのは、
結膜やまぶたが突然痒くなってしまうものなのですが・・・

目が痒いからといって、
目をかきすぎてしまうと余計に痒くなってしまったり、
ひどくなってしまい、
とても痛くなったりしてしまう原因にもなりかえないので、
あまり目をかかないようにしてくださいね。

また、この「アレルギー性結膜炎」という目の病気では、
目やにが普段よりもたくさん出たりします。

また、同時にくしゃみや鼻水なども出ることが、
この「アレルギー性結膜炎」の特徴です。

この目の病気の場合は、
「アレルギー性結膜炎」のための点眼薬などを使用して、
治療を行っていきます。

次によく目の病気で有名なもので、
「ものもらい」という病気などもあります。

この「ものもらい」という目の病気は、
どんな症状かというと、
まぶたの一部が赤くて硬く腫れてできものができる目の病気のことです。

この「ものもらい」の目の病気は、
黄色ブドウ球菌などの感染から発生するもので、
5日~7日ほどで化膿して膿が出ていき治ることがほとんどです。

しかし、まれにこの「ものもらい」という目の病気から
「敗血症」という病気になってしまい命に関わることもあるようなので、
たかが「ものもらい」だから大丈夫と思っていても注意が必要です。

この「敗血症」という目の病気の治療には、
抗生物質の軟膏を使って治療を行っていきます。

次に目の病気の中で多いと言われているのが、
「目の中で蚊が飛んでいる」かのように見えたり、
「糸のような異物が飛んでいる」かのように見えるといった症状のことを
「飛蚊症」といいます。

この「飛蚊症」の目の病気の原因としては、
さまざまなものが考えられています。

例えば、極度の近視が原因である場合もあれば、
老化が原因の場合だったり、
網膜剥離などの重大な目の病気が原因であることも考えられます。

この「飛蚊症」の目の病気の治療には、
まずこの目の病気の原因を理解しておく必要があるため、
症状が少しでもあったならば、
まずは、目の検査に行ったほうがいいです。

ただし、疲れ目などで、この「飛蚊症」の目の病気が出ることもあるので、一概には言えないのですが、
もしも、「網膜剥離」などからこの目の病気が来ている場合だったならば、
早急に処理が必要となってきますので注意してください。

最後に、特に目の病気というわけではないのですが、
「眼精疲労」などで目が疲れてしまっていることもありますよね。

1日中、パソコンの画面を見ていて、
かなり目を使っている場合だと全身の疲労からくることもあるようです。

もしも、頭が痛くなったり、急に吐き気を催したり、
目がかすんだりして、ものが二重に見えることなどの症状がでてきます。

また、よくありがちなのですが、
暗い所で本などを読んだりした場合にも、
この「眼精疲労」が起こる原因になることがあります。

他の目の病気と違って、
とくに怖い目の病気というわけではないのですが、
やはり放っておくことによって、
「角膜炎」や「結膜炎」などにかかったりしてしまいます。

ひどい場合だと、「緑内障」などになってしまうこともありますので、
注意してください。

治療方法としては、目を休ませるなどすることなのですが、
ただ、からだ全体の病気から来ることもまれにあるので、
そのような疑いがあった場合には、
しっかりとした診察を受けることがとてお大事です。


スポンサーリンク