あがり症を克服するためには知っておきたい、仕組みと原因

学生時代や社会に出てからも、
人前で話をしなくてはならない事って必ずありますよね?

多くの人は緊張したり、あがってしまってうまく話せなかったという経験があると思います。

今回は、あがり症の仕組みと原因について考えてみました。

仕組みと原因を知ることで、克服のきっかけを掴めればと思います。

あがり症の仕組み

あがり症という悩みは、どうして起こるのでしょうか?

人前にでるだけで極端に緊張してしまって、
そのせいで声が震えたり、
手が震えて止まらなくなってしまうのはなぜなのでしょうか?

また、人前にでるだけで顔が真赤になってしまったり、
たくさんの汗をかいてしまうのはなぜなのでしょうか?

あなたもこんな経験がありませんか?

会議の発表の前やみんなの前で話さなければいけない場面に遭遇したときに、あがってしまって、声が上ずりどもってしまったという経験ということはありませんか。

これらも、一種のあがり症の症状なのです。

あがり症の症状が出る人というのは、
意外と周りにもたくさんの人がいるのではないでしょうか。

しかし、そのあがり症の症状の度合いによっては、
悩みの深さが全然違ってくることになります。

あがり症のために、会議の発表時にはいつも声が震えてしまうという人というのは、
会議がある日の前日などは、明日のことを思うだけで、
憂うつな気分となり、深く寝れなくて、
リラックスなどもできないでしょう。

そうなってしまうと、会議が終ったあとも、
気分が落ち込んでしまい暗くなってしまう人もいるようです。

人生の中で、大事な試験や面談などで顔が赤くなってしまい、
緊張して手の震えが止まらない、
人生を左右されかけるかもしれないときに、
いつも通りにできないことに対して、
後悔している人も多いことでしょう。

あがり症というものは、
当人にとっては、とても大きな悩みなのです。

では、あがり症の仕組みとは、
いったいどのようなものになっているのでしょうか?

ノルアドレナリン

あがり症の仕組みは、とてもシンプルでわかりやすいです。

あがり症の人たちというのは、極端に緊張したりして、
不安になったりすることが原因であがってしまって、
その影響で心臓がバクバクしたり、
体温が上がったり、血圧が上がってたくさんの汗が出たり、
顔が赤くなったり、声が震えたりしてしまいます。

これらのあがり症の症状には、
深く関係している物質があるのです。

それは、「ノルアドレナリン」というものなのです。

「ノルアドレナリン」は、不安や恐怖などを感じることによって生じて、
ノルアドレナリン神経から分泌される神経伝達物質になり、
交感神経を活発化させ興奮状態を起こし、
心拍数や血圧を高めたり、体温をあげたりする働きをしています。

そして、これにより心臓がバクバクしたり、
たくさんの汗をかいたりといったあがり症の症状が引き起こされてしまいます。

セトロニン

この「ノルアドレナリン」を押さえる物質に、
「セトロニン」というものがあります。

あがり症の症状は、「ノルアドレナリン」が過剰に分泌されているので、「セトロニン」の分泌が少ないときにあらわれる症状のことです。

セトロニンというものは、日常の生活での呼吸法だったり、
スポーツをすることでコントロールすることができるといわれているのです。

セトロニン分泌を刺激する呼吸法に、
腹式呼吸などがあります。

また、毎日の反復運動をすることによって、
セトロニン分泌を刺激していきます。

反復運動にいちばん効果があるのが、
なんといってもウォーキングなどです。

あがり症の他の対策としては、あがり症の症状を押さえるためには、
発表会直前や試験直前などには、筋肉などをよくほぐして、
リラックスさせるだけでも効果がありますので、ぜひ行ってみてください。

また、会議やスピーチをする場合などにも、
あごの筋肉をほぐしておくといいでしょう。

あごの筋肉のほぐしかたは、アゴを左右上下に動かすだけなので、
とても簡単にどこでも行えますので、ぜひ試してみてください。

これから、自分があがってしまうということが事前にわかっている場合などは、
その30分ほど前に温かいミルクなどを飲んで、
体温を温めると緊張が和らでいきリラックスすることができますよ。

この他にもまだ、いろいろなあがり症対策があると思いますので、
自分にあったあがり症対策を見つけてあがらないように頑張りましょう。          


スポンサーリンク

あがり症の原因

あがり症で、いちばん多い症状でよくみかけるのが、
人前にでると、あがってしまってまったく話ができなくなってしまうような症状です。

このあがり症の原因というのは、
どのようなことが考えられるのでしょうか?

思い込み

あがり症の原因としてまず初めに考えられるものは、
自分で勝手に「自分はあがり症である」と思い込んでしまっていることが考えられます。

自分勝手な思い込みが、あがり症の原因である場合には、
人前に出たときに「あがってしまうのではないか?」と自分で自分を追い込んで、
自分勝手に思いつめてしまうために、
あがってしまうということになっていってしまうのです。

このような、自分勝手な思い込みや暗示によって、
あがり症の原因の場合ならば、
まずは「自分はあがり症ではない」ということを自分に言い聞かせる必要があります。

その他のあがり症の原因というのが、
過去にあがってしまったことによって痛恨のミスをしてしまったことが原因で脳裏に思いだすことがあるために、
あがり症の原因となることがあるのです。

なにげなく、人前に出たときに思い出さなくてもいいことが、
過去の失敗がフラッシュバックのごとく、頭をよぎってしまって、
その事によって「またあがるのでは?」「また失敗してしまうかも?」
と勝手に思ってしまい、

そのことが原因であがってしまうということがあります。

初めての事をするとき

あがり症の原因として、またよくありがちなのですが、
「はじめてのことをする」
という行動もあがり症の原因とも思えます。

だれでも、慣れていないことをするときには、
緊張するのってあたりまえなことなのですが、
そのことが原因であがり症となるということです。

よくあるケースですが、大勢の前ではじめてスピーチをするとき、
人前ではじめて演奏などをするときなど、
「初めて」なにかをすることは、
あがり症の原因と考えられるのが非常に高いわけです。

そのような場所に、よほど場慣れをしていたり、
緊張をすることがない人であれば問題はないのですが・・・

普通の人であれば、初めて行うことに対しては、
緊張してしまうのがあたりまえなのではないでしょうか?

このように、初めておこなうことや慣れていないことをするといいう行動もあがり症の原因なのです。

他に考えられるあがり症の原因としては?

失敗することを極端に恐れすぎるということが、
あがり症の原因としてもあると思います。

プライドの高い人

また、プライドが高い人ほど、
上記のような理由が原因であがり症となることが多いみたいです。

自分を良く見せようとすることに意識をしすぎるあまりに、
人の目を普段異常に気にしてしまう傾向にあるようです。

そのために、あがってしまうということが起きてしまうのです。

自分を客観的に見てしまうため、
「こんなことをして恥ずかしい」と思ってしまうことが、
このタイプのあがり症の原因となります。

最後に、「訓練や練習不足」というあがり症の原因などもあります。

この「訓練や練習不足」のあがり症のタイプは、
その現場の状況に対応ができずに、
焦ってしまっていることがこちらに該当します。

この「訓練や練習不足」のあがり症の場合には、
自分の練習不足が原因のため、あがってしまうといえば、
当然のことかもしれませんけどね。

まとめ

このように、あがり症の原因には、
いろいろなタイプのものがあることをご理解できたのではないでしょうか?

しかし、結論から言ってしまえば、あがり症の原因の大半が、
「訓練や思い込み次第」
でどうにかなりそうなものばかりではないでしょうか。

なので、まずは、自分がどのあがり症のタイプなのかを知ることが重要です。


スポンサーリンク