視力矯正とメガネのメリットとデメリット、コンタクトレンズについて、考えてみました。

TVゲームやスマホの利用により、
視力が落ち視力矯正しなくてはならない人が増えていますよね。

それ以外でも、40歳を過ぎると徐々に視力の落ちてくる人も増えてきます。

そういう私も40歳を過ぎてから、徐々に視力が落ちてきて、
自動車免許の更新も眼鏡使用すれすれの視力になってしまいました。

今日は、視力矯正について考えてみました。

視力矯正

眼が悪くなってくると、
日常生活にもいろいろと影響をうけることになってきます。

例えば、自動車の運転をする人であれば、
眼が悪くなってしまうと、もちろん裸眼では、
自動車を運転することができなくなる可能性があります。

そんなときに、まず最初におこなうことは、
「視力の矯正」となります。

「視力の矯正」と聞くとなんだか、
めんどくさそうなことと思うかもしれないのですが、
実際には、そんなことはありません。

「視力の矯正」方法といえば、おもに考えられるのが、
眼鏡をかけたり、コンタクトレンズを付けることが思いつくかと思います。

そのなかで、やはり一番簡単な視力の矯正方法は、
なんといっても眼鏡をかけることだといえますよね。

コンタクトレンズも、慣れてしまえばたいして問題はないのですが、
コンタクトレンズを初めて使用するとなると、
どうしてもコンタクトレンズを眼に装着する練習などをしなければならないので、慣れるまでが大変です。

また、コンタクトレンズを使用した場合の視力矯正では、
コンタクトレンズを付けたり外したりということが、
そうそう容易にできないということが考えられます。

その点、眼鏡を使用する場合、視力の矯正が必要な場面では、
眼鏡をかけていればいいだけですし、
視力の矯正が必要のない場面では、
眼鏡を外すだけで、容易に視力の矯正ができてしまうので、
簡単に視力の矯正をおこないたいのであれば、
眼鏡をかけた視力の矯正がベストだと思います。

ひと昔であれば、眼鏡をかけていること事態が、
とてもお洒落とはいえないものでした。

しかし、今の時代は、視力の矯正としてはもちろんのこと、
眼鏡をファッションの一部として使用する人たちが増えてきたこともあって、
いろいろなファッションの眼鏡の中から自分が気にいったデザインの眼鏡を選ぶなどの楽しみ方も増えてきました。

メガネのメリット

眼鏡を視力矯正の道具として、
使用することによっての「メリット」は、
なんといっても手軽に眼鏡をかけることができることにあると思います。

また、眼鏡をファッションとしても楽しめることができるので、
特に女性などには人気が高いですね。

メガネのデメリット

では逆に、眼鏡を視力矯正として使う「デメリット」は、
どのようなことが考えられるでしょうか?

これは、眼鏡の種類などによって一部あるのですが、
とても視野が狭くなってしまう眼鏡も一部あることです。

また、運動をするときなどには、
眼鏡をかけることが逆に危険であったり、
ケースバイケースですが、
眼鏡を外すことが必要となることもあるので、
やはり不利となってしまいます。

また、眼鏡の弱点としては、レンズが曇ることがあるので、
寒暖差が激しいところといった場所では、
少し苦労するかもしれません。

コンタクトレンズ

一方、コンタクトレンズだとそういったことがないので、
視力矯正には、とても人気の視力矯正方法なのです。

いままで、眼鏡をかけたことがない人というは、
やはり眼鏡をかけるということに抵抗があるみたいです。

また、激しい運動をする人などにとっては、
コンタクトレンズのほうが視力矯正には絶対におすすめです。

最近では、一日ごとに使いすてのコンタクトレンズなどもあるので、
そのコンタクトレンズの使用用途や使用時間などに応じて、
いろいろと使い分けていくのが一番の良い方法かもしれませんね。

最後に、あなたが使用する状況にあったものを選ぶのが、
一番の選択方法ですね。


スポンサーリンク