子供の視力が下がり続けたらどうなるのか?子供の視力にいい食べ物、成分って何?

小さい子を持つ親としては、子供の視力って気になりますよね?

ゲームにテレビの見過ぎなど、目の悪くなる要素ばかりです。

もし、あなたのお子さんの視力が急に悪くなったら?
もしくは、子どもの視力がどんどんと下がり続けてしまったら、
いったいどうなってしまうのでしょうか?

仮性近視

遺伝的な弱視などを除外すれば、
小学校の健康診断などで視力低下が指摘される場合のほとんどが
「仮性近視」ということなのです。

「仮性近視」・・・

あまり馴染みのない、聞いたことがないような言葉がでてきましたが、
この「仮性近視」とはいったいどんな症状なのでしょうか?

「仮性近視」とは、一時的な視力の低下のことを意味する言葉なのですが・・・

「仮性近視」だからといって、そのまま放置していると、
視力がどんどん低下していってしまい、
やがて「仮性近視」から「真性近視」へと進行していってしまいます。

「真性近視」・・・

あまり馴染みのない、聞いたことがないような言葉がでてきましたが、
この「真性近視」とはいったいどんな症状なのでしょうか?

では、「仮性近視」と「真性近視」では、どんな違いがあるのでしょうか?

「仮性近視」は、同じ距離のものを長時間見続けることで、
起きてしまう症状なのです。

まだ照明が電球だった昔の頃の日本では、
薄暗い室内で勉強を行
うことが主な原因でした。

蛍光灯が普及した後は、漫画やテレビ、ゲームなどが
「仮性近視」の原因とも言われています。

でも、現在ではスマートフォンやパソコンなどが原因だとも言われています。

「仮性近視」の間であれば、
原因となる日々の生活習慣を改善することで、
視力の低下を防ぐことがでぎ、
いままでの視力を取り戻すこともできるかもしれません。

でももしも、日々が悪い生活習慣を長期間にわたって行っていると、
視力はやがて近視の状態で固定されてしまってしまいます。

そうなると、どうなるのかというと、
いままでのような元の視力には戻らなくなってしまいます。

これを「真性近視」と言います。

もしも、あなたのお子さんが「真性近視」になってしまったら?

低下した視力を取り戻すのは、とても困難となってしましますので、
日頃から気をつけて様子を見ましょう。

視力が低下してしまうと、、、

視力の低下が本当に恐ろしいのは、
視力の低下がどんどんと進行していってしまって、
いずれは、周りのものがほとんど見れなくなってしまう、
というところにあります。

ほんとうに、最悪の場合ですと、酷くなれば、
「0.1以下」にまで落ちてしまうと言われています。

そうなるとどうなるかというと、
メガネやコンタクトレンズがなければ、「
1m」先も見えないほどの視力になってしまうのです。

想像するだけで、恐ろしいと思いませんか?

ですから、日々の生活の習慣というものは、とても大事なのです。

日頃から、気を付けるように意識して生活習慣を行ってみてください。


スポンサーリンク

子供の視力にいい食べ物、成分ってなに?

子供の視力が悪くなる前に、
対策として行えることとしては、
何があるのでしょうか?

・テレビのみすぎ
・暗いところでの漫画を読む
・パソコンの見すぎ
・スマートフォンでのゲームや動画の見すぎ
・テレビゲームのやりすぎ
・暗いなかでの深夜の勉強

これらは、画面をずっと見続けているために、
どうしても目に負担をかけすぎて視力が悪くなってしまっていますよね。

これらを少しでも改善していけば、
多少のことは未然に防げるとは思いますが・・・

なにせ、子供の場合だとどうしても大人と違ってなかなか自分では、
これらをコントロールすることができないので、
ハードルは高いかもしれませんね。

でも、視力が悪くなったといっても、
スマートフォンやTVゲームだけが一概に原因ではないのですよ。

視力が悪くなる原因には、
遺伝的な要因も一部あると言われています。

でも、なんといってもやっぱり生活習慣によって大きく変わることが多いみたいです。

そこで、子供には目に良いといわれている食べ物などを積極的に取り入れて、
栄養のバランスが摂れた食事を食べさせるようにしてみましょう。

●目にいい食べ物

目にいい食べ物として最も有名なのが、
誰もが知っている「ブルーベリー」などがありますよね。

「ブルーベリー」に含まれるポリフェノールの一種である
「アントシアニン」という成分は、
目に必要な栄養素のひとつです。

「アントシアニン」は、目の疲れを取ってくれて、
網膜からの情報を伝える神経伝達物質の働きを助けると言われています。

アントシアニンは、「ブルーベリー」だけでなく、
苺やラズベリーなどのベリー系には、
アントシアニンが含まれていますし、
実は赤ワインやブドウにも含まれています。
(子供に赤ワインは無理ですが・・・)

やわたの【北の国から届いたブルーベリー】
・アントシアニン含有量3倍以上の野生種ビルベリー使用
・野生種ビルベリー60粒分のエキスを、 1粒に 凝縮!



その他の食べ物としては、
「DHA」も目にいいと言われています。

「DHA」には、視力向上の働きがあると言われており、
青魚にとても多く含まれています。

基本的に、魚介類にはほとんどが含まれている成分なのです。

また、「β-カロチン」も目にいいです。

「β-カロチン」が含まれている食べ物では、
「ニンジン」が有名ですよね。

その他にも、「海藻類」に多く含まれています。

目にいい食べ物の成分としては、
これらがもっとも有名どころですが・・・

まず最初に行うことは、
栄養バランスが良い食事を日々摂っていくというのが大前提となります。

どんなに、目にいい食べ物でも、
同じものばかりを食べたのでは、
効果が得られにくいものです。

栄養バランスの良い食事を摂りつつ、
上記に挙げた目にいい食べ物も積極的に食べていけばいいと思います。


スポンサーリンク