あがり症の症状とあがり症に効くおまじない。

・あがり症とは

あがり症の人というのは、
人前にでるだけで心臓がバクバクしてしまい、
そのために頭が真っ白になってしまいます。

どうしても、あなたが注目されてしまうことによって、
あがってしまい全身が冷や汗で、
びっしょりになってしまいます。

また、異性の前だととくに緊張してしまい、
「どもって」しまうようなこともあります。

このようなことで、あがり症の人たちは、
お悩みが多いのではないでしょうか?

そして、あがり症で悩んでいる人たちの中には、
人生の大事な場面のときに、
あなたのありのままの姿を出すことができずに、
失敗をしたなどの苦い経験をお持ちの人もなかには多いのではないでしょうか。

・入学試験
・就職試験
・就職試験
・発表会  など

「あがり症」とは、本当は、正式な病名ではないのです。

「えっ」と思われるかもしれませんが、
あがり症は、赤面症や多汗症、表情恐怖症など、
緊張したときにあらわれるさまざまな症状のことを
「あがり症」といいます。

あがり症の症状というは、他の人と話す時や、
人前にでるときなどに症状としてあらわれることが多く、
その症状は人によりさまざまなのです。

あがり症には、次のような症状があります。

・ 人前に出ると、どうしてもあがってしまい息苦しくなる

・ 人前で話したりすると、「どもったり」、

「声が震えたり」してしまう

・ 人前に出ると「あがってしまい」、

「顔が真っ赤になってしまう」

・ 人前に出ると「手足が震えてしまう」

・ 人と話しをするときに、

「目のやり場に困ってしまう」

・ 人前に出ると、「表情が強張ってしまう」

「普通に話したり笑ったり」することができなくなってしまう

・ 人前に出ると、あがってしまい「異常に汗がでてくる」

・ 話をするときにあがってしまい、

「話したいことが話せなくなってしまう」

・ 「異性や上司」、「先輩」の前だとあがってしまい、

動きがぎこちなってしまう

・ 「電話の応対」で「どもってしまい上手く話せなくなってしまう」

・ 周りの人の「視線が気になってしまう」

・ 「自分の視線」が、相手に不快感を与えているのではないかと気になってしまう

・ 唾を飲み込む時に、その音が人に聞こえるのではないかと気になってしまう

・ 緊張してしまい、コップを持つ手が震えたり、字を書く手が震えてしまう

その他にも、「あがり症」にはたくさんの症状があります。

あがり症の症状が出る人たちというのは、
人からどう思われるかを気にしすぎてしまい、
何かをする時に他人の視線や評価を気にしすぎることが、
大きな原因としてあげられます。

あがり症の症状で軽いものならば、
ほとんどの人が経験したことがあるのではないでしょうか?

あがり症は、慢性的にその症状が長く続けば、
日常生活にも影響を及ぼす場合などがあります。

どうしても、あがり症の症状が長く続いてくると、
人前に出ることが恐怖となってしまい、
また、人の視線が異常に気になるようになってくることがあります。

そうなってくると、自分のことをみんなが避けているのではないか?

もしくは、あなたのことを陰で笑ったりしているのではいか?

または、悪口を言われているのではないだろうか?

とマイナス的な要因ばかりを思うようになり、
社会に適応できなくなってしまうことがあります。

あがり症の症状は、
「失敗してはいけない」
「バカにされてはいけない」
「間違ってはいけない」
というようにすべてに対して、
パーフェクトを求めて自分を追い込むことで、
さらにひどくなる傾向があります。

そんな、パーフェクトな人はいませんので、
あがり症の克服するには、
「間違ったり」、「失敗したり」してもあなた自身が、
自分を許せる
くらいに心の余裕を持つことが重要なのです。        


スポンサーリンク

                 

・あがり症に効くおまじない

あがり症のひとが、少しでもあがらないようにするには、
いったいどんなことをすれば一番いいのでしょうか?

それは、あがり症のひとたちには、
「おまじない」が効果的なのです。

・・・

・・・

・・・

そんなイマドキ、なにを言っているのと思わるかもしれませんが、
そんな非科学的なと思うかもしれませんが、
長いこと生きていれば、
なんてたって気の持ちかた次第となってくるのですよね。

もしも、「おまじない」ひとつで「あがり症」がやわらぐとしたら、
あなたは試してみたいという気持ちはあると思いますか?

「あがり症」のおまじないで、もっとも有名な方法としては、
「手のひらに人という文字を3回書いて飲み込む」
ということではないでしょうか。

これは、「あがり症」のおまじないでなくても、
誰もが一度は経験して、試している方法ではないでしょうか?

「手のひらに人という文字を3回書いて飲み込む」という方法は、
一般的に有名で、気持ちを落ち着かせるときにおこなうおまじないのようですね。

でも、実際のところですが、
おまじないで、これが効果テキメン、
とても効果があるんだよという方法というのは、
あがり症のひとたちには少ないのではないでしょうか。

そもそも、「おまじない」というものは不思議なもので、
自分だけのオリジナルの方がより効果があるみたいですよ。

それは、なにか特別にあなただけのルールだったり、
これを最初に行うと「あがらない!」
というものを自分で見つけてみつけてみてください。

そんなのないよ!と思うかもしれませんが、
必ずなにかがあるはずですよ。

それも、自分では気がつかないだけで、
なにげなくやっている仕草が実はおまじないだったりするのですよ!

過去の自分を思い起こして、この時はあがらなかったな、
という時の前に自分がどんな行動をとったかを思い返してみて下さい。

きっとそこに何かしらの手掛かりがあるはずです。

そもそも、あがり症に効くおまじないの中には、
じつは科学的な効果が見込めそうなものも実在するのです。


スポンサーリンク