視力回復手術(レーシック)とその安全性について

視力というものは、一度悪くなってしまうと、そう簡単になかなか視力の回復をさせるのが難しいと言われています。

視力をよくするために、「視力回復トレーニング」というものもありますが、やはり一番早くて、確実なのは、「視力回復手術」になります。

視力回復手術

「視力回復手術」と聞くと、なにか?
大がかりな手術のように感じるかもしれませんが、
いったいどのような手術なのでしょうか?

「視力回復手術」のことを、別名で「レーシック手術」ともいいます。

「レーシック手術」という視力回復手術は、
レーザーを使用して行う「視力回復手術」なのです。

この「レーシック手術」という視力回復手術は、
目のレンズに最先端のレーザーを照射することによって、
目のレンズの屈折率を正常に戻していき、
視力を回復させるという視力回復手術なのです。

このレーシック手術という「視力回復手術」をすることによって、
どれくらいの視力が戻るのでしょうか。

たぶん、みなさんはこのあたりが気になってしょうがなかったのではないでしょうか?

では、どのくらいの視力が戻るのかというと、
ひとことでいってしまえば、
レーシックの視力回復手術を受けた人の95%以上の人たちの視力が、
1.0以上~に回復したということ言われています。

そのため、レーシック視力の回復手術は、
とても効果がある「視力回復手術」ということがわかります。

また、極度の近視でない人が、
レーシックの視力回復手術を受けたケースだと、
1.5以上~に回復したという例もあるということです。

レーシックの視力回復手術を受けたあとにすぐに、
その効果で、如実に視力が良くなっていることに気がつくといいます。

でも、一般的には、完全に視力が回復するまでにかかる日数ですが、
おおよそ1~2週間後と言われています。

そして、レーシック視力回復手術後の1ケ月も経過すれば、
視力が完全によくなっていき安定するそうです。

このレーシックの視力回復手術は、
このようにとても効果が期待できる「視力回復手術」なのです。

このレーシックの視力回復手術の手術時間は、
どのくらいかかるのでしょうか?

手術ときくと、かなりの時間がかかるようなイメージですが、
実は、このレーシック視力回復手術の手術時間というのは、
両方の目で、たったの20分ほどで手術が終わってしまうのです。

ですから、日帰りで、手術を受ける事ができますし、
手術後1時間ほどしたら問題がなければ帰宅ができます。

なんといっても、このレーシックの視力回復手術のすごいところは、
手術後すぐに視力の回復が実感できるところです。

自宅に戻るさいに、なにか!?いつもの帰り道の風景が全然違ってみえる人もなかにはいるということです。

このレーシックの「視力回復手術」の効果は、すごいですね!

このように、レーシックという視力回復手術の視力回復の効果は絶大のものがあります。

しかし、「視力回復手術」は字のごとく、手術に該当しますので、
この視力回復手術にも多少のリスクはともなうことになります。

ですので、レーシック視力回復手術を受ける前のカウンセリングなどで、
このリスクについてしっかりと説明をうけたうえで、
あなたが納得できた場合のみ「視力回復手術」を受けると良いですね。


スポンサーリンク

レーシック手術の安全性

「レーシック手術」の安全性は、
本当に大丈夫なのでしょうか。

「レーシック手術」の安全性ですが、「レーシック手術」といえども、
やはり手術をするからには、いくつかのリスクが伴ってしまします。

しかし、「レーシック手術」を受ける前のカウンセリングなどで、
これらのリスクについてきちんと説明を医者から聞いて、
レーシックの安全性を納得した上で手術することがいいかと思います。

「レーシック手術」の安全性については、
国の安全機関によって許可が降りているので、
「レーシック手術」の安全性を考えれば、
それほど心配する必要はないのではないでしょうか?

海外になると、アメリカでのレーシック手術の利用率は、
なんと、年間で「200万人」という数の多さからも、
レーシック手術の安全性は高いものだということがわかりますよね。

レーシックの手術は、または別名で「屈折矯正手術」とも言われています。

この「レーシック手術」の安全性は、厚生省も認可を出しているくらいです。

そうなってくると、なんとなく安心してしまいますが、
仮にレーシック手術の安全性は高いとはいえ、
手術となってしまいますので、
絶対に「100%」安全であるということは、
やはり言い切ることはできません。

しかし、いろいろな数ある近視の矯正手術の中でも、
このレーシック手術は、ほかの矯正手術よりは、
安全性が一番高いものとされています。

また、レーシックが導入された頃にあったトラブルも、
現在はほぼ改善されているので、
レーシックの安全性はかなり高いと思っても間違いがないでしょう。

でも、「レーシック手術」では、
12種類の違う合併症が発生する可能性があるのです。

しかし、これらの合併症の中でも、
発生する可能性が高いものは、
治療が比較的簡単に行えるということです。

逆に、治療しにくいものというのは、
合併症が発生する可能性もとても低いのです。

このことを考慮しても、
「レーシック手術」の安全性が極めて高いということが明白ですよね。

では、「レーシック手術」の安全性がいままで話してきて、
高いのはわかりましたが・・・?

「レーシック手術」とは気軽に、
手術を受けれるものなのでしょうか。

まとめ

レーシック手術の手術時間の目安は、
平均して両方の目で約20分程度で終わってしまいます。

手術を受けた後は、約1時間ほどで帰宅が可能なのです。

また、近視の人の95%の人たちの視力が
「1.0」くらいまで回復
することがわかっています。

「レーシック手術」は、安全性が高いだけでなく、
手術自体も時間が非常に短くすみ、
何日も入院する必要性もなく、日帰りで行える手術だったのです。

そして、なんといっても、「レーシックの手術後」、
視力回復の効果がすぐに感じられることも、
「レーシック手術」の特徴なのです。

極端にいってしまえば、早い人であれば、
「レーシック手術」を受けた帰り道の風景が、
まったくの別物にみえたとか?ということもあるほどなのです。

レーシックの視力回復の効果は、
優れているだけではなく、
速効性を持つものだといえます。

このような事実を知った人ならば、
「レーシック手術」は、とてもいいと口コミをして行くことと思われます。

そのため、これからも人気のある視力回復手術となっていくことで しょう。


スポンサーリンク