レーシック治療と、レーシックの後遺症について

眼が悪くなってくると、日常生活にもいろいろと影響をうけることになってきます。

例えば、自動車の運転をする人であれば、眼が悪くなってしまうと、
もちろん裸眼では、自動車を運転する事ができなくなる可能性があります。

そんなときに、まず最初に行う事は、「視力の矯正」となります。

視力矯正でメガネやコンタクトレンズを装着し、対応する事も出来ますが、
それ以外にも近年レーシック手術という方法が身近になってきました。

そこで、レーシック手術とその後遺症について記事にしてみました。

視力レーザー治療

視力の回復をおこなうと思ったら、いろいろな方法はありますが、
その中でも、「視力レーザー治療」というものをあなたは考えたことがありますか?

では、この「視力レーザー治療」とは、
いったいどのようなことをする治療なのでしょうか?

また、このような「視力レーザー治療」の視力回復の効果は、
どの程度期待できるものなのでしょうか?

「視力レーザー治療」ときくと、
なんとなく少し怖いようにもみえますが、その真相はどうなのでしょうか?

視力レーザー治療のことを一般的には、「レーシック」といいます。

「レーシック」と聞くと、なんとなく安心しませんか?

この「レーシック」といえば、視力レーザー治療方法は、
目のレンズに最先端のレーザーを照射する手術をあてることによって、
視力の回復をさせてくれるという眼の治療方法です。

この視力レーザー治療方法の「レーシック」ですが、実は、安全性も高く、
また効果も非常に期待できる治療方法なので、
視力を回復させたいと思っている人にとっては人気が高い治療方法なのです。

また、「視力レーザー治療」と聞いてしまうと、
なにかとてつもない痛みを感じるのではないかと心配する人も多いかと思いますが、実際の手術は、痛みも少なくてすむ手術となっています。

この視力レーザー治療の「レーシック」は、
先ほどももうしあげましたが、非常に安全性も高いということをお話しさせていただきましたが、
それでもやはり手術ですのである程度のリスクはあります。

どのようなリスクがあるのかというと、
視力レーザー治療「レーシック」では、
いくつかの合併症が起こる可能性があるのです。

その合併症の中でも、もっとも多いと言われている合併症なのですが、
「ハロ」とよばれる合併症になります。

「ハロ」?という言葉を初めて聞いた方も多いと思います。

でも、視力レーザー治療を受けた人のほぼ100%に近い人が、
この「ハロ」を体験しているようなのです。

この「ハロ」という症状なのですが、
夜間や蛍光灯の下などに居るときに、
非常に光が眩しく感じるという症状があらわれるのが
「ハロ」の合併症です。

人によっては、光の周りが、少しぼやけてみえることもあると言われています。

でも、安心してください。

この「ハロ」という合併症は、視力レーザー治療の手術の後に、
しばらくすれば自然と治る合併症だといわれているのです。

その他の、視力レーザー治療の手術を受けるリスクとしては、
「角膜の表面」にしわができてしまうことなどがあるみたいです。

この視力レーザー治療の「レーシック」なのですが、
日帰りで手術を受けることができるのでとてもお手軽に視力を回復することができてしまいます。

また、視力レーザー治療「レーシック」は、あのタイガーウッズも治療を受けたことによってこの「レーシック」が急速に普及したともいわれています。

では、眼の悪い人が、「レーシック」を試してみたいと思ったら、
気を付けなければいけないことがあります。

この視力レーザー治療「レーシック」の治療を受ける場合には、
健康保険がつかえないので、そのため、自費での治療費となってしまいます。

その視力レーザー治療「レーシック」の治療にかかる費用なのが、
一般的に、平均で20万~60万ほどだといわれています。

かなりの高額な治療費ですが?

低下してしまった視力の回復はなかなか難しいと言われていた視力を、
「レーシック」によって、回復できると思ったら、
安い治療方法なのかもしれませんね。

ここまで、非常に確実にできる視力レーザー治療では、
今後も人気のある治療方法だといえますね。


スポンサーリンク

レーシックの後遺症

近視の矯正手術であるLASIK(レーシック)手術とは、
とても安全性の高い手術ということでお話をさせていただきましたか?

しかし、手術である以上、やはりある程度のリスクなどの覚悟は必要という事もお話しさせていただきました。

では、レーシックの後遺症にはどのようなものがあるのかご説明させていただきます。

まず初めに、レーシックの後遺症としては、
上記しましたが、合併症などの発生が考えられます。

レーシックの後遺症の合併症には、いくつかの種類の合併症などがあります。

レーシックの後遺症の合併症の中で、もっとも重症のものになると、
「角膜移植」という事が考えられます。

また、レーシックの後遺症の合併症で、
「角膜拡張症」という合併症もとても重い種類の合併症になります。

その他の、レーシックの後遺症としての合併症で考えられるのが、
「緑内障」になってしまう可能性があります。

レーシックの後遺症として、どうしても眼圧が上がってしまう可能性があるためです。

眼圧が上がるというレーシックの後遺症が残ってしまった場合には、
眼圧を下げるために目薬をさすなどすれば眼圧を下げることが可能です。

「ドライアイ」が、レーシックの後遺症としてみられるケースもあります。

このレーシックの後遺症の場合も、
点眼薬で「ドライアイ」の治療をすることが可能です。

その他にも、レーシックの後遺症として、
「再手術」をしなければならないケースもたまにあると聞いています。

このレーシックの後遺症が出た場合には、
極度の近視の患者の場合や、
レーザーの照射する部分を小さくしたときなどに起こることがあります。

そして、視力レーザー治療を受けた人のほぼ100%に近い人が、
夜間や蛍光灯の下での光が非常に眩しく感じるというレーシックの後遺症などもあります。

でも、このレーシックの後遺症の場合は、
数カ月程度で自然と良くなるケースがほとんどです。

まれに発生するレーシックの後遺症としては、
「感染」や「不正乱視」などもあります。

でも、レーシックの後遺症で「感染」が発生したとしても、
点眼薬で治療できてしまいます。

また、レーシックの後遺症で「不正乱視」のケースでも、
大抵の場合は時間が経つとなくなることが多いのです。

最後に、「偏心照射」というレーシックの後遺症が起こることもあります。

「偏心照射」は、手術の際のレーザーの照射が、
瞳孔の中心とズレていたことによって起こってしまうレーシックの後遺症なのです。

「0.8mm以下」のズレであれば、問題がないとされているレーシックの後遺症です。

このように、レーシックの後遺症として残ってしまう合併症には、
いくつもある事がわかったと思います。

しかし、そのほとんどの合併症が、容易に治療が可能となっています。

また、治療が困難とされている合併症が発生する確率は、
本当に稀で、ほとんど発生することはないといわれていますので、
安心してください。

しかし、なんといっても合併症が発生する可能性はゼロではないので、
手術を受ける前にはあなたがきちんと納得をしたうえで手術を受ける事が重要なのです。


スポンサーリンク