頭のかゆみはどうしたら改善するのか知ってる?

普段からお風呂に入ったりしても、頭のかゆみがなくならなくて悩んでしまっている人も多くいると思います。

かゆみがあると、仕事中や寝る時などの集中も途切れてしまい上手く仕事に集中できなかったり、熟睡する事が出来なくて悩んでしまってる人もいるので、今回は頭のかゆみの理由についてとかゆみの改善方法などについて書いていこうと思っていますので、最後まで見ていただけると嬉しいです。

〇かゆくなる原因は一つじゃない

頭のかゆみが起こってしまう理由を一般的に考えると、頭皮の乾燥なのではと思い込んでいる人が多くいると思います。

ですが実際にはそれ以外にも、考えられる理由があるので紹介していこうと思います。

1つ目は脂漏性皮膚炎です。

脂漏性皮膚炎は皮脂が増えてしまうことで起きてしまう皮膚炎の一種です。

これは、睡眠不足が原因とも言われていますが、ストレスが溜まったことによる神経過敏なども理由にあげられます。

2つ目は膿痂湿疹です。

膿痂湿疹は、頭をかく際に頭皮を爪で傷つけることによって細菌が入ってしまうことで起こってしまう湿疹の一種です。

アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎が理由で頭がかゆくなってしまう事も考えられます。

〇対処法を知ろう

普段の生活からかゆみを予防すると言えば、一番は入浴の際の髪の毛の洗い方を注意しなくてはいけません。

かゆいからと言って力強く頭を洗うのは厳禁なので、指の腹で丁寧に洗うように心がけましょう。

また、シャンプーをする時の温度も40度ぐらいが熱くもなく冷たくもなく丁度いい温度だとも言われているので、気にしてみてください。

シャンプーが少しでも洗い流しあると、それでもかゆくなっていってしまうので、しっかり丁寧に流して流し残しが無いようにする必要があります。

また、頭皮のかゆみなどには関係ないと思われがちな自分の体調にも気を付ける必要があります。

ストレスは、かゆみが発生する一番の天敵になるので、ストレスはなるべく溜め無いように気を付けるのも一つの方法だと思われます。

そして、日常的に頭皮に水蒸気などをかけてあげると、保湿が出来て乾燥するのを防いでくれてかゆみを抑制してくれる効果なども見られるので試してみるのもいいかもしれません。

〇シャンプーを変えてみると変わるかも

もしこの上に書いてある予防法などいろんなことにチャレンジしても、悩みの解決に至らないことがあります。

そういう場合は、自分が使用しているシャンプーなどが自分の体質に合っていないものなのではないかと考えられます。

そういう事で改善されない場合は、シャンプーやコンディショナーを違うのに変えてみるのをオススメします。

シャンプーだけでも種類はたくさんあるので、たくさん使ってみて自分に合ったシャンプーを見つけてみるといいと思います。

選ぶときには、頭皮に刺激を与えすぎないシャンプーなのか、しっかり汚れを落としてくれる背英文が入っているのかも重要視して、探してみるのが大切です。

〇 まとめ

頭皮のかゆみの原因となるのは、有力候補として挙げられるのは乾燥ではありますが、乾燥以外にも皮膚炎も一つのかゆみが起こってしまう理由の一つになります。

そしてそのかゆみの緩和と抑制については、日々の入浴時の髪の毛の洗い方などを少しでも工夫する事で改善する事が出来るのです。

かゆいからと言って爪を立てて力を入れて洗うのではなく、指の腹でマッサージするように優しく洗うのがいいと言われています。

また洗う時のお湯も熱すぎず冷たすぎない40度ほどのぬるま湯で洗い流すのがおすすめされています。

また、いつも入浴時シャンプーを洗い流すときに、極稀に流し残しが出てきてしまいますが、流し残しがあるとそれもかゆみを発生させる原因の一つになってしまいます。

やり過ぎているのではないかと思ってしまうぐらいに、しっかり洗い流して流し忘れが無いようにしなくてはいけません。

また、髪の毛のカラーやパーマ、洗浄力の強いシャンプーなども頭皮に強い刺激を与えてしまうため、かゆみが発生しやすくなってしまうのでなるべく避けた方が髪のため、頭皮のためとなりかゆみなどが軽減されます。

汚れが落ちていないと思ってシャンプーを二回もする人もいますが、そうすると尚更頭皮の乾燥が起きやすくなってしまいかゆみなども起きてしまいます。

そのため、シャンプーは1回にして、しっかり丁寧に洗い流すようにしましょう。

お風呂が終わった後に頭皮にミストなどを掛けると、保湿効果が見られるので頭皮が乾燥しづらくなります。

そのためには自分の髪の毛の状態を知っておく必要があると考えます。

自分の頭皮の状態が気になる人は、皮膚科に行って専門医にしっかり見てもらうのがいいと思います。

そして、しっかり自分にあっている対策方法やシャンプーなどをしっかり見つけて頭皮にも髪の毛にも負担をかけすぎないようにしましょう。