Carantee 自撮り棒 レビュー

こんにちは、今回は「Carantee 自撮り棒」を購入したのでレビューします。

人に頼んでばかりも・・・

以前は、テーマパークなど人の多いところに出掛けた時、

記念写真を撮ってもらう時はその場にいる知らない人にお願いをしたりすることがありました。

スタッフの方がいれば声もかけやすく、お願いしやすいのですが、

全然知らない人にお願いするのは躊躇していました。

頼まれることは全然苦ではないので、お願いされれば快くOKをして、

もしも可能だったら自分たちもお願いをすることがありました。

ただ、上手く取ってもらえない時もたまにあります。

目がつぶっていたとか、ぶれていたとか、そういったことも稀にありました。

でも、お願いをしているし、「もう一度お願いします」とはなかなか言えず、

仕方なく諦めてしまうこともありました。

自撮り棒を持っている人は気軽に写真を撮っていていいなという気持ちは割とずっと持っていたように思います。

でも、購入しなくてもさして問題はないなとも感じていました。

必要ないと思っていたのですが

ですが、思い切って買ってみると、

もう記念撮影をする際に人にお願いしなくても気軽に撮影できるようになったことが良かったです。

正直、買うほどではないかなと思っていましたが、

意外と気軽に写真が撮れるようになったので、お出かけの時に重宝しています。

また、テーマパークなどで行われるナイトパレードのようなイベントだと人が溢れて、

目の前にいる人の手やカメラが映りこむこともありました。

折角綺麗に撮影できているのに、残念な仕上がりになることもありましたが、

自撮り棒は伸ばすことができるので、誰も映り込まない状態で撮影することも可能です。

セルフボタンもあり、気軽に撮影することができるようになったので、

写真撮影が楽しいと感じるようになりました。

また購入した自撮り棒は三脚も付いているので、

大人数での撮影も可能というところが気に入っています。

結婚式など、あまり会う機会がない人と集まった時に活用していきたいなと思っています。

こんな人に

この商品は、これからおでかけをたくさんしようとしている人にぜひおすすめです。

自撮り棒は購入しなくてもまあいいかなと思っている人ほど、

一度使ってみてほしいと思います。

確かにものによっては高額なものもありますが、

低価格で購入することができる物も多いです。

家族写真などを撮影する際は、必ず撮影者が映りません。

デートの時も、顔を近づければ二人で自撮りもできるのですが、

綺麗に撮れない時もあります。

自撮り棒を使えば、撮影者も一緒に自然な表情で撮影できるというところが一番いいところだなと思っています。

実際に使ってみて、気軽に記念撮影がどこでもできるので写真撮影が楽しいと感じるようになりました。

スマートフォンだけでなく、普通のデジタルカメラに設置することもできるものもあるので、

使用するカメラタイプに合わせて購入してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク