Brave7の外部マイクをモトブログに使えるように対策!

モトブログに使用したくて、AKASOのBrave7というアクションカムを購入しました。

youtubeの動画で、発売される前にレビューをしているのを見て”これは!!”と思いAKASOのHPから発注しました。

大きい、重いという難点はありましたが、画質、手振れ補正はyoutubeの評価もかなり高く期待大!
おまけに防水機能付き!

早速撮影に出てみるも、帰って動画チェックしてビックリ!

外部マイクを別途購入し、期待をして撮影に出てみましたが、帰って動画チェックをしてびっくり!
画質、手振れ補正は結構良いのですが、音質がまるでダメ!

とてもじゃないけどそのまま使えるレベルではありませんでした!
今までのアクションカム同様口元にマイクを仕込んだのですが、フルフェイスの中なのに風切り音拾いまくり、エンジン音はめちゃくちゃ大きく拾う、声も音割れするほど大きい、ついでに鼻息の音まで入っていましたww

これはそのまま使えるレベルではないと思い編集ソフトで補正を掛けたのですが、その動画は使えそうな部分だけを使い、結構捨てる部分も多かったです。

そんな事もあり色々調整したのですが、現在何とか使用できるかな?
というレベルになったと思います!
その対策なんかがこの動画になります!

https://youtu.be/GaS-154XOeQ

上記の動画内にもありますが、僕は中華アクションカムを購入する度に、180°の広角レンズに付け替えてしまいます!
理由は、中華アクションカムは、元々画角が狭い上に、手振れ補正を使うと更に画角が狭くなってしまいます!

その為、モトブログで使うには周りの風景があまり映り込まずに少し前方の道路だけ映っているという事もあるので、全体の景色をもっと見てもらいたいと思い毎回付け替えています!

取り付けは意外に簡単で、普通の中華アクションカムならそんなに問題なく行えるのですが、Brabe7は洗面液晶のため、レンズ、本体共に少し削る作業が入ります。

その動画はこちら↓

あくまで個人的な考えですが、モトブログ用途ならレンズは広角に替えた方が良いと思います!

撮影中の充電

このBrave7ですが、僕が買った当初は予備バッテリーが手に入らず、元々付属してくる2個だけでした。

その為、長時間の撮影となると1個バッテリーがなくなると、モバイルバッテリーで充電し、2個で撮影を回さなくてはいけません。

正直これは結構しんどい!充電が追い付かなければ待ち時間が出てしまいます。
何とか充電しながら撮影したかったのですが、中華アクションカムを充電できるUSB-CのHubはオプションでは販売されていません。

動画のコメントで、この分岐なら使えると教えて頂き買ってみました!
その時の動画はこちら↓

正規の使い方ではないため、若干ノイズが入ってしまいます!

今は予備バッテリーが手に入るので、バッテリー4個で撮影を回し、この分岐は使わない様にしました。
欲を言えばもう2個バッテリーがあると安心です!

このBrave7のアマゾンの評価に、モトブログで使うには外部マイク音声が全くダメというような事を数件見ましたので、もう既に買ってしまった方、これから購入を検討している方の参考になれば良いかな?と思い、今回の動画、記事の作成をすることとしました!

2021年に発売された中華アクションカムの中では、個人的にはかなり良いものだと思います!
購入を検討する上での判断材料として少しでもお役に立てればと思います!


AKASO Brave7 アクションカメラ IPX8本機防水10M 水中カメラ 4K/20MP ウェアラブルカメラ 6軸手ぶれ補正 スポーツカメラ WiFi アクションカム 可視化リモコン付き 音声制御機能/外部マイク対応/1350mAhバッテリー2個


AKASO Brave 7 アクションカメラ専用充電バッテリーセット「バッテリー1350mAh×2 + 急速デュアル充電器 + Micro USB充電ケーブル」 アクションカム スポーツカメラ アクションカメラアクセサリー